チーム創りコラム

やりたくない仕事はやらないという選択は自己中心的なのか?

肩をすくめる人

最近の若い者は仕事を選り好みして、やりたくないことから逃げている…

こうした嘆きは実はどの時代にもありました。

あなたも管理職、リーダー、上司、先輩として、酒の肴に愚痴をこぼしてきたこともあるんじゃないですか?

でも、一度でも考えてみたことはあるでしょうか?

やりたくない仕事をやらなかったら、果たしてどうなるのか?ということを。

 

まぁ、なかなか難しいですよ。

だって、仕事なんだからやらなきゃいけない、と思い込んでいるわけですから。

やらなきゃいけない仕事、と思っていることをやらないとしたら?なんて

考えるだけでもまたまた、ブレーキがかかりますからね。

▼ 非常識
▼ 迷惑をかける
▼ 自己中
▼ 今までやってきた自分を否定している気分…

 

ですが一旦、それはそれで置いておいて、

空想でも妄想でも仮想空間でもなんでもいいので(笑)

一応、考えてみてください。

 

以前から度々登場している、管理職の相談者、再々登場です。

彼の不満は、「仕事に行きたくない」から始まって、様々掘り下げてきましたが、

下記のように「やらなかったらどうなるか?」と妄想してもらいましょう。

▼ 人の代わりにやっていた仕事をやらなかったら?

その仕事は、誰もやらないので、迷惑がかかる
自ら率先して仕事をすることで、職場の雰囲気を良くしようとしていたので、雰囲気が悪くなる

▼ 時間に縛られている自分を解放したら?

「管理職のクセに、先に帰った」と部下に思われる
それが原因で、部下の士気が下がる
勤務時間が給与に反映するかも?(上からの評価減)

▼ 迷惑をかけている部下と関わらなかったら?

ますます、周りに迷惑をかけるようになり、全体の士気が下がる
部下本人のためにならない

と、こんな感じで
やらなければいけないと感じている仕事をやらなかったら、
当然ダメになる、という答えが出てきますね。

 

ここで彼は、あることに気づきました。

自分が「やらなければいけない」と感じていた仕事をしていても
もし、それを「やらない」と選択したとしても

根本問題の解決には、なっていないということに。

・ 部下の仕事は、本来、部下にやらせるのが管理職に求められた仕事だということ
・ 職場の士気が下がるのは、部下の代わりをやめたり、効率よく仕事をして自分が先に帰ることが原因なのではない、ということ
・ 周りに迷惑をかけている部下に対して、これまで管理職として厳しさを持って接してこなかったこと

 

そうなんです。

「やりたくない仕事をやらない」という、一見現実離れした考え方をしてみることで

問題の根本、という本質に辿り着くということなのです。

 

自己中だとか、人からどう見られるかとか、

○○しなければという思い込みから視点をズラすことで

今まで蓋をして逃げ続けてきた解決しなければいけない根本問題、

自分が本来やるべきことが、浮き彫りになってくるんですね。

 

こうなったらもう、不満の解決まではもうすぐです。

だって、「やるべきこと」が見えてくるんですから、あとはそれを「どうやるか」

具体策を考えるだけですからね。

 

不満や思い込みで覆われているうちは、問題の本質は見えてこない。

だからこそ深く深く掘り下げて、時には「ありえない」と思える考え方も取り入れて、

視野を広げましょう。

 

視点がズレたら、不満解消は目の前ですよ。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る