チーム創りコラム

危険を承知で、部下に強烈な達成感を味わわせる方法

ウィニングランをするビジネスマン

「部下が楽しんで仕事をしているか?」

チームリーダーは常にこの観点で物事を考えるのは非常に重要ですが
最近どうも部下があまり楽しんでいるように見えない、という時には
【部下のやりたいようにやらせてみる】という手があります。

まあ、ある意味、勇気のいることなのですが・・・

 

特に、上昇志向の強いタイプの部下や、
「評価が欲しい」「自分はできる」
といった自己尊重型の部下の場合はこのやり方が非常に有効です。

たとえば部下から、
「こうしてみたいと思っています」というような提案があるとき、
上司としての価値観で、
「そうじゃない、こうしろ、ああしろ」
というような指示を出したくなることがありますよね?

自分の意見を否定されている部下は、
おそらくこう感じるはずです。

「どうせ自分がやっても評価されないんだし」

 

上司の指示通りにばかり動かなければならない
→その仕事は「やらされ感」満載になる
→「自分でやらなければ」という責任感が生まれない
→結果が出なくても「自分の責任ではない」と感じる
→結果に繋がったとしても「自分でやった」という実感がない
→仕事が楽しくない

こういう流れになっていることが多いからです。

 

部下の立場を自分に置き換えて考えてみてください。

上司の指示通りに動いて結果を出すことだけが、
自分の評価対象になっているとしたら…

間違いなく、つまらないですよね?

 

やりたいことを
やりたいようにやらせ
結果に対しての責任を持たせる

その上で
フォローと最終責任は
上司である自分が受け持つ

 

かなり勇気のいる、英断ですが
どんな人でも、
「自分がやった仕事が結果につながる」
という経験をすれば、大きな達成感を味わいます。

 

 

人から指図されたことではなく、
自分で決めたことに、人は楽しさを感じるもの。

これは、仕事を楽しむ上で、非常に重要な考え方の一つです。

 

リーダーの立場から考えたとき、

もし部下が
部下ののやりたいように、
部下のやり方で仕事をしたら、
結果につながるはずがない

と、先が見えてしまうのは重々承知の上で、あえて、

手出しをしない、
口出し(指示)しない、
アドバイスのみ

ここに徹してみてください。

 

上司としての、上からのアプローチではなく、
フォローやアドバイスといった、横からのアプローチ。

すぐには変わらないかもしれません。
イライラするかもしれません。
見ていられないと感じるかもしれません。

結果を残せなくて、部下は落ち込むかもしれません。
部下だけではなく、上司であるあなたも、
責任を追及され、落ち込むことになるかもしれません。

それでも、

部下が自分のやり方で仕事ができる、ということは、

▼ 仕事を「やらされている」という感覚がなくなる
▼ 仕事を任されているという責任感
▼ 結果を出せなかったことに対しての責任感
▼ よし、次こそは結果を出すぞ、という心からの意欲
▼ 上司に相談、アドバイスを素直に受け入れられる
▼ 結果が出る

といった好循環が、必ず生まれてきます。

そして、自分のやり方で結果を残すことができるようになったとき

自信がつく→仕事が楽しくなる→本気になる

こんな風に
「デキる部下」が育っていき、
「イケてるチームリーダー」が育っていくのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る