チーム創りコラム

指示通りに動く仕事ばかりが楽しいわけじゃない

指示をされ泣いているビジネスマン

あなたがチームリーダーであるなら、
今の立場を手に入れるまでに多くの努力を重ねてきたと思います。

理不尽な要求も受け入れ、与えられた仕事はすべて「ハイ」。
期待以上の結果を出すための労力を惜しまない…

それがあって、現在のあなたがあるわけですよね?
そんな「以前の自分」に戻って、少しイメージしてみてください。

————————————————————

あなたが管理職に昇格するために求められている評価は
「上司の指示通りに動いて結果を出すこと」、以上。

————————————————————

どうですか?燃えますか?やりたいと思えますか?

 

さて。
今のあなたに意識を戻しましょう。

以前のあなたと同じような
上昇志向の強いタイプの部下。
または
「評価が欲しい」「自分はできる」といった自己尊重型の部下。

彼らが「やりたい」と思えるような仕事をさせていますか?

上司の指示通りにばかり動かなければならない
「やらされ感」でいっぱいの仕事には、
「自分でやらなければ」という責任感が生まれません。

ということは、

結果が出なくても
自分の責任ではないと感じ、
結果に繋がったとしても
自分でやったという実感がない

これでは、仕事が楽しいはずがないんですよね。

 

上から言われたことしかできないように見える部下も

実は、そうさせているのは、あなたなのかもしれません。

ちょっとドキっとしませんか?

 

冒頭のイメージで、
「上司の指示通りに動いて結果を出す」ことに対し
「つまらない」と答えたリーダーのみなさん。

例えば部下から、
「こうしてみたいと思っています」
というような提案がなされたとき。

上司としての価値観で、
「そうじゃない、こうしろ、ああしろ」
というような指示を出していないでしょうか?

 

それ、部下は確実に
「つまらない」と感じているはずですよ?

なぜならそれは、
仕事ではなく、ただの「作業」なのですから。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る