チーム創りコラム

後出しジャンケン2

みなさん、1週間お疲れ様でした!

&Uです。
まだアメブロの持つ雰囲気に全然慣れる気配がありません。
先週まで、改行や句読点をつけるかどうかすら迷っていました。
が、自分が落ち着く方法でコツコツ書いていこうと思います。
先週に続き接客・販売に於いての後出しジャンケンですが、、、、、
書こうと思ってたことが昨日の【G.G】さんの記事と被っとるやないかーい!!
ヽ(`Д´)ノ
僕が言いたかったことも、事前期待と実績評価だったんですね。
接客の初歩として、まずはお客様が自覚をしている顕在ニーズに見合った商品を提案します。
家電、車、旅行プラン、保険、物件、、、
どの業界においても必ずこの道を通過しなければなりません。
この構図こそが後出しジャンケンそのもので、お客様はすでに要望という名の手を出しているので、後出しのこちらは勝って当たり前。
提案できてやっと普通レベルなのです。
そこで接客のベテランが+αで使うのが、潜在ニーズの発掘です。
潜在ニーズの発掘は自分でも気付かなかった、欲しかったものを言い当てられるエスパー行為ですから、受けたお客様は必ず感動が付随します。
そのとき、お客様のお財布事情や時間の関係などで販売に至らなくとも、会話にハリが出て、お客様との距離も、顕在ニーズを満たすことに比べて遥かに縮まります。
潜在ニーズ1回で顕在ニーズ3回分くらいはあるんじゃないかなぁ。
前回と今回のブログを通して、後出しジャンケンは良い接客を生み出さないという流れになっていますが、
僕が思いもよらなかった接客においての後出しジャンケンの長所を発見した方がいらっしゃれば是非教えてください!

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る