チーム創りコラム

アイスブレイキング

皆さんお疲れ様です。

&Uです。
アイスブレイキング
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、僕が通っていた大学の心理学教授がよく使っていました。
初対面の者同士が意見交換やワークを円滑にできるように緊張を解きほぐす手法やそれを行うことを指します。
いきなり本題に入るなってことですね。
僕のチムクリブログはいつもいきなり本題から入っていますね(^^;;
1番手っ取り早い方法は、直近であった恥ずかしい失敗談を話し合うのが効果的だと聞きました。
ところで先ほど、お気に入りのセレクトショップに秋物のアウターを見に行ってきました。
お気に入りといっても他県の系列店によく行っていただけで、今回の店舗は初めてですが( ^ω^ )
店員の男性に声をかけ、今のラインナップを一通り案内してもらうことにしたのですが、なんとも「間」が合わない!
人それぞれ、行動の「間」=テンポを持っていますが僕と店員さんは同じような間の持ち主らしく、
話すタイミングが被ってしまったり、通路を通るのにマンツーマンディフェンスをしたり(笑)
そしてお互いに服の素材や機能しか話題にしないので打ち解けることができないままなんとなくバツが悪くなっていき微妙な雰囲気で1度目の来店を終えました。
皆さんも今までの接客に似たようなケースはありませんでしたか?
以前のブログのディーラー同様、お客様対応のつもりで店員さんと話していればもっと仲良くなっていろいろ聞けたかもしれなかったのですが、今回は僕も完全にお客様モードでした。
こんな状態を防ぐのがアイスブレイキングです!
お客様の警戒心を解くというのは販売トークを聞いてもらいやすくするため無意識に行っていることですが、接客の入り口で、一旦商品のことは忘れてお互いの緊張をほぐすことを意識していると、お客様から、この人話してるだけでも気楽で面白い。と評価していただけるかもしれません。
リピーターを生む秘訣は、こういうところにあったりするのです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る