チーム創りコラム

接客泥棒してますか?

カラスが上空でカァカァ鳴いています

僕はまだ生きているよ

カラス語が話せたら、そう言い返してやりたい

そんな【I’m】が土曜日をお知らせします

先日、友人と呑みに行きました

こう見えても、元々バーテンダーだった【I’m】はBAR巡りが大好きです

友人もサービス業についているので、2人が揃うと決まってゲームをします

名付けて

『接客泥棒』

その日も、都内でBARを探していたところ、メニューが無いウィスキー専門のBARを発見

店内に入ると見たことが無いラベルのウィスキーが所狭しと並んでます

これは・・・期待できそうと心躍りました

この接客泥棒とは?

泥棒と言うと聞こえは悪いですが、

簡単に言うと、色んな角度から接客を受け、これはっ!!と感じた接客は盗んで取り入れよう

逆にダメだと感じた接客は真似しないようにしよう

そんなゲームです

BARには

色んな世代、色んな職業、色んな性格の方が来店します

学生もいれば、サラリーマンもいる、社長もいれば主婦もいる
当然、同業種も来ます

ただただお酒を作るだけでは成り立ちません

誰にでも、どんな話題にでも合わせられるトーク力やヒヤリング力
気配り・目配り・心配り
観察力
お客様対応力
人間力
頭の回転
記憶力

これら全てがバーテンダーには必要となってきます

サービス業の中ではハイレベルが求められる職業の1つだと思ってます

この接客泥棒のルールは簡単です

BARに行って、バーテンダーのオススメを頼むだけです

その日も友人とオススメのウィスキーを頼みました

バーテンダーは、

さりげなくヒヤリングをしながら、ウィスキーボトルを選び出します

そして、3本のボトルをカウンターに並べました

3本ともまだ口にした事がない、初めて見るウィスキーでした

どんなウィスキーなのかと問うと・・・

■ボトルA・・・・このウィスキーは、お客様には絶対に出会って欲しい1本です。出会ってしまったら、このBARを忘れられなくなります。ただ、料金も忘れられないレベルですけどねw

■ボトルB・・・・このウィスキーは関東では、ここでしか出会えません。お酒との出会いも恋愛と一緒です。何か感じたら選んであげて下さい

■ボトルC・・・・このウィスキーは間違いなく、お客様が嫌いな部類だと思います。恐らく口に合わないので、出会わない方が無難かと・・・

今までのBARのほとんどが、お酒や味のウンチクだけって事が多かったのですが、

このバーテンダーの表現や喩えが・・・・

呑んで欲しいではなく、『出会って欲しい』と言う表現で、いかにお酒を大事に大切にしているか

また、選んだボトルに絶対の自信を持っている

ボトルCなんて、出会わない方が無難て・・・
じゃあ、何でカウンターに並べたの???って感じで、逆に出会ってみたくなる

完全に惹きこまれてしまって、全てのボトルに興味を持ってしまいました

バーテンダーとそのお店のファンに!!

バーテンダーをかじっていた【I’m】でも惹きこまれてしまう、トーク力やユニークさ、お酒やお客様への接し方

接客泥棒のし甲斐がありすぎました

大漁!!大漁!!です

この日は2人で感動のあまり、結局、全てのボトルと出会ってしましましたw

どれも美味しかったのですが、一番は・・・・・

ボトルCでしたwww

こんな感じで、プライベートの時間でも、遊び心を持って楽しみながら、接客泥棒をしています

みなさんも、良かったら試してみて下さい!!

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る