チーム創りコラム

出すって大切

皆さんお疲れ様です。

&Uです。
前回のブログにも書いておりますが、最近僕は次に控えている仕事のために今まで得た知識や技術を挙げ連ねる作業をしています。
自分はどうやら少ない武器でやりくりしていたらしく、手持ちはすぐに枯渇してしまいました。
ここからは想像で新しいものを考えるしかないのですが、いたずら以外で何かを創り出すという能力が貧相なことは自覚しています。
なんだか出涸らしのような状態で、自然と求めたのは「インプット」でした。
本を読んだり、出掛けたり、インプットにもたくさん種類がある中で、今は(現場に入りたい)と強く思うのです。
あれほど毎日
連勤キッツ〜(´Д` )
来いよ台風!積もれよ大雪!o(`皿´ )o
長期休暇をくれ!1ヶ月だ!
と思っていたのに。
これは、毎日出勤しているとアウトプットしたものを客観的に見る機会がなかなか無いから。というか、接客以外でアウトプット自体を行っていないためガチャガチャに積まれたテトリスのように、新らしいものを受け入れる準備が整っていないのです。
いっぱいいっぱいになり、得るものが無いから楽しくない。
現場に入れば毎日新鮮な接客を目の当たりにでき、意識しなくとも次々と接客について考えられます。
また、接客は自転車の乗り方や泳ぎ方と違い離れると下手くそになるんじゃないかという恐怖もあります。
実際に以前の職場では連休明けに調子がつかめずド緊張していました。
現場は発明材料の宝庫です。
もしも今、なんとなく現場での仕事に身が入らないのであれば自分の持っている接客の知識や技術を連ねてみてください。
知識欲は誰にでも備わっていますから、枯渇すると自然と新しいものが欲しくなります。 
そのときこそ、現場に入ることを前向きに捉え、多くのことを吸収できるはずです。

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る