チーム創りコラム

なぜ、目は2つあるのか

みなさんお疲れ様です。

&Uです。
スタッフさんになにかをオススメされることを、みなさんはどう思いますか?
僕は最近オススメされることがあまりなくて寂しく思っています。
こちらからオススメを聞くと、うーん、唸ってから「これと、これでしょうか?こういう理由なんで。」と。
僕の中の清太くんが
節子、それはムリヤリやろ。オススメちゃうやんか。
とつぶやくのを感じました。
捻り出されました。もともと勧める気なかったようです。
では逆に、なにかをオススメすることはどうですか?
 
苦手な人。
仕事だと割り切ってできる人。
本心で勧められる人。
人によっても、商品によってもそれぞれだと思います。
ベストは本心で勧められることですよね。
ではその状態をどうやって作っていくか、が問題ですが、やはり自分が愛用してみることだと思います。
僕は接客販売をしていた当初、この考え方を好ましく思っていませんでした。
スタッフにはスタッフの生活があって、欲しいものは自前で揃えるし要らないものには手を出さない。
仕事のための商品を自分でつかうのは、プライベートにまで仕事が侵食してきたという嫌悪感を覚えるから、というものでした。
しかし、たとえ仕事で取り扱っている商品でも、自ら進んで買ったものはどうだったか。
普段の生活で役に立っていること、こんな応用が効くというカタログスペック外の知識、これは良いものですよと勧められる安心感があります。
また、のちに生活様式が変わって、自分が苦手としていた商品を使う必要が出てきたとき、こんな便利な使い道があったのになぜ自分はこの商品を勧めることを苦手としていたのか、もったいなかったな、と思うこともありました。
次からその商品を勧めるとき、とても気分が軽かったことを覚えています。
人は所詮体感したものしか熱を持って話せません。
プライベートまで仕事にとらわれている、というのは片方の目で見ればそうなのかもしれませんが、もう片方の目で見れば、仕事中の自分を助けることになっていたのです。
ただし!
この素晴らしい商品でお客様の生活がより便利になる!これは販売ではなくむしろ善行なんじゃないか。
この思考のスイッチが入る人がたまにいます。
自分で使ってみて、良いものだと思っても相手の反応を見ずに善意を押し付けないよう気をつけましょう!
マルチまがい商法やカルト宗教と一緒になっちゃいますからね!

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る