チーム創りコラム

恐怖が思考を鈍らせる

みなさんお疲れ様です。

&Uです。
前回のブログはミスが校閲を通過してしまい公開から約30分ほど僕の本名がモロ出しになってしまいました。
毎回ちゃんと読み直してるのに、、、
新しいことをはじめるときに邪魔をしてくるのが恐怖です。
高校の部活の恩師曰く、「人間は変化と未知を嫌がる」
しかし変化と未知は成長の素になる。だから俺はお前たちをテニスだけでなく、変化と未知にも強い人間にする。
なにも人格として、仕事としての成長だけでなく、変化と未知は新しいことをはじめるときには全てに当てはまります。
もちろんお客様が我々の提案を聞いて、成約かお断りか悩んでいるときも。
よくわからないから辞めておく、というお客様に何度かあたったことがあると思います。
お客様全員が、我々の業界の商品に精通しているわけではないので当然です。
しかし、どう考えても今に比べたらメリットしかないのに成約に至らない。しかも、販売力は十分にあるスタッフなのに。
こういったケースは販売力が上がり始めたスタッフに起きやすいのですが、ネガティブの切り返しやメリットの説明ができていても、お客様の未知や変化がどこにあるのか、最後まで辿り着けなかったということになります。
お客様の理解がどの程度なのか、質問の反応である程度予想がつくと思います。
理解度が低いままにお断りの流れに移りそうになったときは、メリットを数点に絞ってお伝えする、たとえを活用する、変化する点をまとめ直すなど、新しいことへ踏み出す後押しをしてあげる気持ちでお話をしてみると、あなたがそこまで言うなら、と自分のリピーターになってくれるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る