チーム創りコラム

その一言でお客様の心が離れてしまいますよ

バーテンダー時代に

綺麗なお姉さんから

何かオススメを下さいと言われ

迷わずビールを出す

ちょっとオチャメな【I’m】が水曜日をお知らせします

先日、仲間4人で餃子ツアーを敢行した時のお話

餃子の聖地、宇都宮

そこは3店舗が並んでおり、激戦区となっている

我々はグルメの友人に勧められた、その中の1店舗へ行くことに

聖地、宇都宮に着くと

A店は20人程の行列が

B店は10人程

そして、我々の目指すC店舗は・・・

1人も並んでませんでした

これは何を意味するのか??

心がグラっと揺らぎましたが、最初の計画通りにC店舗へ

いざ、餃子が運ばれてくると

これが美味い!!

2時間掛けて来た甲斐がありました

追加注文を何度かして、結局4人で80個の餃子を頂くw

その追加注文の時

店員の年上のお姉さんが…

『美味いでしょ!!』

『古くからやってるからって、それだけで美味しいと思って並んじゃうんだから・・・並んでも汗しか出ないのにね…はっはっはっ』

4人共にピタリと箸が止まった

工藤静香の歌にあった

目と目で通じ合う~♪

明らかに他店舗の批判と取れる発言

もしかしたら、これだな・・・と

こんなに餃子は美味しいのに…

悪気がある訳ではないのだろうけど、恐らく色んなお客様に言ってるんだろうなぁ

激戦区でお客様の取り合い奪い合いが激しいのは分かります

ただ、お客様側から言わせて貰えば

いや、【I’m】から言わせて貰えば

『隣のお店も本当に美味しいから、今度行って食べてみてよ』

こんな言葉を掛けられる心構えや心の広さがあっても良いのではないでしょうか!

ライバルがいるから
競争相手がいるから
意識する相手がいるから

お互いに向上や成長が出来るんです

すると、

その先には、良い接客や良いサービスに満足するお客様がいる

WIN-WIN-WIN

みんなハッピー♪

こんな気持ちでお客様を接客したい今日この頃です

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る