チーム創りコラム

ちょっと、休ませてあげてください

みなさんお疲れ様です。

&Uです。
接客業では、持ち時間が決められています。ここでの持ち時間というのは
お客様が集中していられる時間
です。
一般的に人間の集中力は90分が限界と言われますが、90分間集中できているわけではなく、15分周期になっています。
我々はこの合計90分の中でお客様の心を掴み、商品サービスの説明をし、注意事項を説明しなければなりません。
もしかしたらお客様に次の予定があるなど、もっと短いこともあるでしょう。
その限られた時間で信頼を勝ち取るのに必要なものが「ユーモアです」。
ユーモアは集中時でも休息時でも効果を発揮し、距離を縮め好感度を上げることができます。接客も人付き合いである以上好感度は切り離して考えることはできません。
が、接客の勉強にあたってユーモアが目を向けられることは多くありません。
ユーモアというとイメージとしては海外ドラマや洋画の中で繰り広げられる、ウィットに富んだ軽口ですが、有名な塾講師やセミナー講師などがよく使う独特のフレーズやその人独自の耳慣れない言い回しなど、興味を引くものであれば全てユーモアと成り得ます。
集中と休息のタイムテーブルを意識しながらユーモアを活用することでお客様との間に良いリズムが生まれ、弾む会話を楽しめたとき、お店全体の評価にも繋がり始めるのではないでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る