チーム創りコラム

提案前の一言で・・・

日本シリーズ盛り上がってますね

広島も日ハムも育成がしっかりしている球団なので、どちらも好きです

【I’m】は全球団OKなのですが、

今年もドラフトで名前が呼ばれませんでした

来年こそはっ!!

と、固く胸に誓う【I’m】が水曜日をお知らせします

お客様に何か提案する時、みなさんはどんな言葉を掛けてから始まるのでしょうか?

お客様の元々の目的では無かった物やサービスを提案する時に

【I’m】は、この提案に入る前の言葉を非常に重要視してます

なぜなら、

元々の目的ではなかったので、一瞬で断られてしまって提案すら出来ないケースが出てしまうからです

提案に入る前の一言、二言で聞く体制を作り上げなければなりません

聞く態勢が出来ていればいる程、提案や訴求が通り易くなりますよね

例えば・・・

提案前に、お客様の方から『宜しくお願いします』なんて言葉が来たら完璧じゃないですか!!

では、どんな言葉が良いでしょうか??

・話を聞いてくれたら、現金100万円プレゼント♪

・話を聞いてくれたら、海外旅行プレゼント♪

これだったら間違いなく、お客様の方から『宜しくお願いします』ってきますよね・・・・無理ですけどw

ではでは、現実的にどんな言葉が良いでしょうか??

正直、提案する側の立場やキャラ、性格、提案する商品やサービスによって変わってくるので、正解はありません

ただ、何種類かの言葉は持っていた方が良いと思います

100%の聞く態勢じゃなくても良いので、

・ちょっとだけ聞いてみようかな
・まぁ、少しだけなら
・聞くだけなら…

この程度でも良いと思います

【I’m】は聞く態勢が出来ていない時には、無理に提案はしません

聞く態勢が出来ていない時に、いくら提案してもお客様の心には届きません

いくら素晴らしい商品やサービスだとしても、全く響かないからです

■1点(もしくは2点)だけ提案させて頂いきます
〇〇関する事です

これからどのような物を提案するのかを明確にし、1点に絞る事でお客様の心の壁を緩くする

■忙しいのは承知してますが、3分だけお時間下さい

最初に忙しいのは承知と入れて、お客様が忙しいからと言う断りを防御し、3分と時間を明確にする事によって、お客様の心の壁を緩くする

どちらも、ほんの少し聞く態勢を作る程度ですが、

聞く態勢が出来てしまえば、そこからはオンステージです

映画館での

ざっぶ~ん…

からの

東映

みたいな感じですw

お客様に扱っている素晴らしい商品やサービスを思う存分提案しましょう!!

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る