チーム創りコラム

未来を創るのは『今』、目標達成するのは『今』~逆因果の法則~

今夜は月が綺麗です

月の裏側はどうなっているのでしょうか?

気になって気になって、夜しか眠れません

で、一世風靡した【I’m】が水曜日をお知らせ致します

一世風靡セピア…懐かしい

社会人として当たり前の事ではありますが、出勤と言う目標達成をしているのは事実です

絶対的な明確な目標があるからこそ、それまでの自分の行動スケジュールが組み立つ

出勤と言う目標から全てを逆算しますよね

これを、『逆因果の法則』と言います

ケース①

【I’m】は高校時代に野球をやっていました

目標は当然、甲子園出場です

・甲子園に出る為には、県大会決勝で勝たなければならない
・決勝にいく為には、1回戦から準決勝を勝ち抜かなければならない
・県大会を勝ち抜く為には、力を付けなくてはならない
・力を付ける為には、練習しなければならない

力を付けるや練習の部分はもっと細かくできますが、目標から逆算して今をどうするかが決まります

こうして、【I’m】は目標であった甲子園出場を果たしました

ただ、甲子園出場が目標になってしまっていたので、1回戦で敗れてしまいましが・・・

目標達成してしまったので、その後の練習などは、どこか緊張感や真剣さが欠けていた事を覚えています

目標が甲子園で優勝だったら、もっと違った過程や結果になっていたのかもしれません

これが、目標が甲子園出場ではなかったら・・・

①ベスト8までいければ
②1回勝てれば
③勝ち負けは関係なく、楽しく野球が出来れば
④甲子園で優勝

上記のように目標が違えば、それまでの過程が大きく変わってきます

楽しく野球ができればの目標のチームに、甲子園優勝する為の練習は苦にしかなりません

逆に、甲子園優勝が目標のチームに、勝ち負けは関係ない!楽しく野球をしようでは成り立ちません

このように、

目標がどの位置になるのか、その目標の明確さ

で、過程が大きく変わってきます

〇〇する為には、今〇〇しなければならない

未来を創るのは『今』

目標達成するのは『今』

今、何をしなければならないのか

目標から逆算していけば、自ずと『今』何をしなけらばならないのかが分かってくるハズ

『今』の積み重ねがとても大事になってきます

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る