チーム創りコラム

進化は変化

皆さんお疲れ様です。

&Uです。
 
 
 
 
 
変化することは進化することではないが、進化することは変化することである。
 
 
 
数学の必要十分のような話です。
 
 
 
変わっても必ず良くなるわけではありませんが、良くなったということは以前と変わったということなのです。
 
 
 
 
人間は変化を嫌うという話はこれまで何度もしてきました。
 
 
理由を端的に言えば「いつも通り」が安全であることを学習しているからです。
 
 
そこから外れたくない。
不確定要素が怖い。
 
 
 
必死に自分を守ります。
 
 
 
成長するためにはまずこのメカニズムを理解しましょう。
 
 
 
 
例えば新たな役職に就いたり、自分がスポットライトを浴びる機会を極端に嫌う。
 
 
 
これは変化を嫌う行為の一環です。
 
 
 
そして、先述した通り、変化を嫌うということは進化をしないという選択です。
 
 
 
チームを作り上げたい、良くしたい。
そう思うならば、自分も変化しなくてはなりません。
 
 
 
 
なぜ自分はそれを嫌がるのか。
 
 
決して性格の問題ではありません。
 
 
良くしたいけど自分は変わりたくないというのはわがままでしかありません。
もしくは本当に良くしようとは思っていない。
 
 
 
自分で気づくことは難しいかもしれませんが、他人が気づかせてあげるほうがもっと難しいことです。
 
 
 
今一度自分と向き合ってみてください。
 
 
 
 
 
 
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る