チーム創りコラム

「他者に関心がない」の裏側に隠れた感情

こんばんは!

感情派女子、VQです。

 

 

 

なぜか会話が成り立たない。
いや、会話をしようとしても
何を話したら、聞いたらいいか

わからない。
 
お客様と、あるいは同僚や上司と
友人や家族とでさえ
こんな風に感じる人は多いようです。
 
 
「コミュニケーション能力がないのか?」
と、悩んで
会話術とか話し方、聞き方などを
一生懸命学ぼうとするのですが
 
肝心の「話す・聞く中身」が

浮かばないから
うまく会話ができない。
知りたいこと、聞きたいこと、話したいことが
思い浮かんでこないのです。
 
そうなると
「自分は人と会話をするのが苦手」
というレッテルを自分に貼り付けて
ますます会話を遠ざけたくなります。
 
お客様と関わるの仕事をするのなら
「相手と会話をしたくない」
という気持ちがあったら苦労しますよね。
 
 
 
会話が苦手な原因のひとつとして
【他者に関心を持つことができない】
という理由が挙げられます。
 
ただ、関心を持てないと言っても
すべての人に興味がないわけではなく
《自分の好きな人》には興味が持てるのです。
 
ここで言う《自分の好きな人》の概念は
尊敬や感謝の念を抱ける人、
好意的に接してくれる人など
基本的に
「自分に興味を持って接してくれる人」のこと。
 
 
自分からは興味は持てないけれど
自分に興味を持ってくれる人のことは好き。
 
ちょっと受け身の姿勢です。
ひねくれ者のイメージもありますよね?
 
 
 
 
実はこの受け身の姿勢には
過去の背景が潜んでいることが多いです。
 
その背景とは
「本当はもっと自分に興味を持って欲しかった」
「本当はもっと自分を見て欲しかった」
という気持ちだったりします。
 
 
家族や友人など身近な人から
関心を払ってもらえなかった経験などが
「どうせ自分は興味を持たれない人間なんだ」
という思い込みと落胆を生んでしまい
 
誰も興味を持ってくれないなら
自分も興味なんか持ってやるか!と
やさぐれた気持ちを発生させるんです。
だから、ひねくれ者。
 
 
「自分から興味を持たない」と
(無意識に)決め込んでいるので
知りたいとも話を聞きたいとも思えない。
 
「どうせ自分なんか興味を持たれない」と
(無意識に)決め込んでいるので
相手が話してくるのさえ拒絶するようになる。
 
 
でも、
自分はそんな気持ちでいるにもかかわらず
相手が好意を持って接し続けてくれると
安心することができて、
「興味を持ってもいいんだ」と許可を出せる。
 
だから
自分に興味を持ってくれる人のことは
好きになれるというわけです。
 
 
 
 
私自身も、うつの頃を振り返ると
まさにこんな感じでした。
 
自分のことを聞かれるのが本当に嫌で
話しかけられても自分から遠ざけていたし、
当然、私から会話を切り出すなんて皆無でした。
 
でも本当の心の奥の奥にあった本音は
「もっと自分を見て欲しい」
「もっと私を愛して欲しい」
という気持ちだったんですよね。
 
我慢して、抑圧して、いい子で。
素直な自分の感情を無視し続けた結果
私も「ひねくれ者」になっていたみたいです。
 
 
 

どんな人でも本当は心の底で
「もっと自分を気にかけて欲しい」という
寂しさを抱えているのかもしれません。
 
 
自分がまず満たされていないから、
相手に興味や関心を抱けない。

 

こちらが関心を示さなければ

当然

相手も関心を持ってくれるわけがなく。
 
だから
”売れない”とか”言うことを聞かない”とか
”うまくいかない”、”評価されない”に
なっているんだろうな。

 
 
 
話が続かない、会話が苦手。
 
それは
コミュニケーション能力の欠如

などではなくて、
相手に関心を持てない自分がいること。
 
その背景には
「もっと自分に関心を示して欲しかった」
という寂しさを押し殺していた
ひねくれ者の自分が

いるのかもしれないこと。
 
 
向き合うことができたら、
すんごくラクになるはずですよ!
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る