チーム創りコラム

ウソっぱちの真摯さ

こんばんは!

感情派女子、VQです。

 

 

モノやサービスを売る仕事ってほんとうに

自分と向き合うことが求められるよなぁ…と思います。

お客様のことを第一に考えるためにも、

まずは自分の内面をしっかり見つめなくてはいけないことを、いつも痛感するんですよね。

 

たとえば、VQも昔は

「こんなもの売れないよ」「これを欲しがる人なんていないでしょう」などと

評論家っぽく自分のものさしで決めつけてかかるのがクセでした。

 

 

それでも売らなければならないという状況の中では、

この「どうせ売れない」という思い込みほど厄介なものはなかったんです。

思い込みを持っていると、売ることや提案することに抵抗が生まれるもの。 

そして抵抗が生まれると、どうにかして避けようとします。

 

・気がひけるから提案したフリをしよう

・どうしたら「やっているように」見えるか?を考え出す

・「売れない理由」ばかりに目を向ける

・売っている人を「あれは特別だから」と理由付けする

 

など、つい思考がズルくて楽な方向へ走り出してしまうわけです。

 

 

 

「いや、自分は”お客様の利益”を第一に考えている」と、言われるかもしれません。

お客様が不利益を被らないように、価値のない、または低いものは売りたくない、と。

ところが、この考えこそ

「どうせ売れない」の思い込みによって「お客様のため」を履き違えてしまっている状況なんですね。

 

・高価すぎるから少しでも安く「見せ」なきゃ

・価値の低いものを売りつけてごめんなさい

・「こんなもの」買わないでしょう?やっぱりそうですよね?

 

こうした気持ちが湧き上がってくるのは

一見、お客様の利益を優先させた考えに見えるけれど実は違います。

「お客様にとっての利益不利益」が「自分の価値基準」とイコールになっている。

要するに自分中心に物事を考えているだけですから。

またお客様にとっての「価値」を生み出す努力や工夫もしていないですよね。

これでは、仕事放棄としか言いようがない。

だって私たちの仕事って「価値を生み出してご提供し、その価値を買っていただく」ことですから。

「何もせずとも価値あるもの」を売るだけなら、販売員や営業はいらないんです。

レジ係がいればそれで充分でしょう!?

「こんなものを売りつけたらお客様が不利益を被るだろう」という考えは

実は、お客様に対してものすごく不誠実な態度、

【ウソっぱちの真摯さ】じゃないかな、と。

 

ほんとうはただ、自分がラクをしたいだけなのかもしれません。

モノやサービスを売る者としての正規の仕事をしよう。

本当の意味で真摯にお客様と向き合うとは、

「どうしたらお客様に”新たな価値”を提供できるか?」を考えることだと思います。

 

売れない理由ではなくて「売れやすくなる」理由を考えるし、

安く「見せる」のではなくて、価値の割におトクと感じてもらう方法を生み出すし、

「難しい、めんどくさい」を軽減させようと工夫するし、

何かしらの付加価値をつけられないか?と考え抜くはず。

 

そして、そうするためには、

「思い込み」という自分の内面と向き合わなければいけないということです。

 

 

余談ですが近頃、

このウソっぱちの真摯さが原因と思われる

少々強引な手段の販売スタイルをされた話を聞いたんですね。

 

詳細はここではお話しできないけれど、

「どうせ売れない」▶︎「どんな手を使ってでも売る」に飛躍してしまった例でした。

真摯に向き合うことから逃げてしまった結果、

思い込みは、お客様の信頼までも奪うことになるんです。

 

 

消極的な見方も、強引な売り方も

きちんと真摯にお客様や商品と向き合ってさえいれば、起こりえない。

 

その「お客様のため」は、ほんとうにお客様のためなのか?

それとも自分のためなのか?

 

モノやサービスを売る仕事をしているならば、

思い込みを含めて真摯に、自分とお客様と向き合わないといけませんね。

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る