チーム創りコラム

モチベーションを上げるのは簡単、調節は、、、

皆さんお疲れ様です。

&Uです。
前回の記事のまとめ
・継続は力なりとは、必ずしも徐々に効果が出るものではなく、続けていたらある日突然開花するパターンもある。
今日は僕の反省日記です。
今の取引先に、とある理由から会社に個人目標を課せられている社員がいます。
もう月末も間近な状況で、進捗率は各項目10〜20%
原因は本人のモチベーション。
個人目標が課せられた理由もそういう自分本位過ぎる部分からで、言わば会社からの恩情、最後通告なのですが、今はやる気が出ない様子。
本人が会社を去る意思がないようなので、会社が条件付きで残留を許可したにも関わらずこの体たらくは、ゆとり世代ど真ん中の僕でも目に余るものがあります。
しかし、チームに彼が所属している以上、この仕事をしている以上、意欲を変え、姿勢を良くすることが僕の仕事であり、彼自身も能力的にチームに取って必要なことには変わりないのでモチベーションを上げる外的要因を引き受けることにしました。
もちろん、他人の根本を僕が変えることはできないので、彼自身が自ら変われるような環境を作るために頑張るのが僕の役目です。
そんな中で僕が取った行動は、簡単に言えばごっつぁんゴールを決めさせるという部下を育てたい上司がときどき用いる戦法で、僕も今まで年上相手に使ったことはありません。
本人にはフラットな状況に見えるように陰でお膳立てを済ませた案件を引き渡し、ゴールが決まったらあなたの実力ですよと伝える。
自信がモチベーションを支える構図です。
これは素直で可愛い部下が相手だと上司も部下もハッピーになれる、個人的な好きな手段なのですが、今回、彼は少し増長しすぎてしまっている気がします。
ゴールを決めた後、彼は自分の仕事の細かい処理をチームメイトに任せ、タバコに行ってしまいました。
チーム戦において周りをノセる、鼓舞する能力は高ければ高いほど良しとされるものですが、相手を選んで使わないといけないのはどこでも同じです。
うまくやれると過信したわけではなかったのですが、ノセすぎたかなぁ、、、
それでもやる気は戻ったみたいなので、アフターケアを頑張ろうと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る