チーム創りコラム

状況を良くするためにいろいろしているのに変わらないときは、これに手を出していない

みなさんお疲れ様です。

&Uです。
前回の記事のまとめ
・仕事は団体競技と団体戦の両面がある。
・団体競技はチームの連携やオペレーションが重要で、団体戦の側面では思いの統一が試される。
年末に向けて各市場が盛り上がって来ました。
繁忙期は潜伏している問題が表面化する時期でもあります。
みなさんは今抱えている問題はありますか?
状況を良くするためになんでもやっているのになかなか効果が表れないということがしばしばあります。
人の嫌がる仕事を率先してやる。
自分の管轄外も請け負ってみる。
そもそもの処理量を増やす。
それでとなかなか変わらず、他に何ができるのか悩み行き詰まってはいませんか。
なんでもやっているように思えて、実はそうではないということが考えられます。
人の嫌がること、負担は増えるけど許容できることにしか手を出しておらず、自分が嫌がること、自分の弱みを無意識に避けていることが原因というケースは少なくありません。
向き合うなんてありきたりで生易しい物ではなく、打ち砕かなければ状況は決して変わらないでしょう。
自分が何を嫌がっているのか探すのはとても難しいことです。
しかし、第三者からはとても簡単に見えます。
周りの人の力を借り、素直な気持ちで弱みを受け止めて、問題に打ち勝って今年の良い締めくくりができるように残り3週間頑張りましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る