チーム創りコラム

今すぐプロフェショナルになれる2つのこと

黒板に書かれたプロフェッショナルの文字

どんな仕事でも初めての時がありますよね?
私も生まれた時から営業や接客業をしていた訳ではありませんし、みなさんも同じだと思います。
右も左も分からないままに、先輩方に教わって一生懸命仕事を覚えた時があったはず。失敗を重ねながら覚えて、後輩にアドバイスができるまでに成長していくものかもしれません。

でも、たとえば接客サービス業で言うのであれば、店頭に立つ・レジに入る・カウンターに入る…もうその時点で、お客様からすると『プロ』なんですよね。
『研修中』や『見習い』、『新人』などの名札があればお客様も少しは寛容になるかもしれませんが、やっぱり「出来て当たり前、知ってて当たり前」という見られ方になる。ということは当然、目指すところはプロフェショナルです。

しかし、そこに行き着くまでには何年も何十年も経験を積む必要があります。
バーテンダーであれば、カクテルだけではなく、ウィスキー、ワイン、日本酒、焼酎など何千種類のお酒が存在します。全てのレシピを頭にたたみ込むのは不可能に近いです。
量販店であれば、家電全ての機能や特性、値段を全て把握するのは難しい。
本屋さんであれば、全ての作家の特徴や描写、表現を知ることも非常に難しい。

そう!!完璧になるのにはかなり難しいのです。そこには、並々ならぬ努力と時間と経験が必要になってくるからです。
私も18年、営業や接客業をしておりますが、まだまだ未熟者です。毎日が勉強で自分の接客に満足してません。働いているうちに、生きているうちに、その境地に辿り着く事が出来るのだろうか…とさえ感じます。

 

そんな果てしないプロフェショナルへの道ですが、明日から…いや何なら、今からでもプロフェショナルになれる事が『2つ』あります。それは、私が新人にはほぼ全員に最初に教える、とても簡単なことなのですが、『意識』と『姿勢』です。あまりにも簡単過ぎて見過ごされてしまうんですけど…

この2つだけは、今からでもプロフェショナルになる事ができます。

知識やスキルなんかは経験を積めば、後からいくらでも身につきます。逆に経験を積まないと身につきません。
でも『意識』と『姿勢』は、自分はこの道のプロフェショナルだと【決断】するだけです。

新人に限らず、中堅、ベテラン、どの役職でも、たった1つ【決断】するだけなんです。
※ここで言う決断とは…意思をはっきりと決めること。

で、あれば簡単ですよね。
お客様と向き合う前に、自分と向き合い、はっきりと決断する。プロフェショナルな意識と姿勢でお客様に接する。1人1人がその意識や姿勢であったなら、そのお店はお客様にとって、みなさんにとって素晴らしい空間になるのではないでしょうか?

 

わたくしもまだまだ未熟者です。

お客様に接する前に、毎度毎度【決断】して向かいます。

私はプロなのだと・・・

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る