チーム創りコラム

『この仕事に向いてないと思う』に思うこと

雪山の山頂を登る人

立春も過ぎ、そろそろ春を予感させる季節です。皆様は何で春の訪れを感じますか?
さくらの開花?新人の入社?プロ野球開幕?ヒートテックを着なくなる?
まだまだ遠い先のように思えますが、春を感じるきっかけとなるものは、人それぞれですね。

私はあるセリフを聞くと、あぁ春だなぁと感じます。きっと皆様も聞いたことがあるセリフだと思います。
耳をすましてみて下さい。ほらっ!聞こえてきた…

(・・・・)
(この仕事に・・・・)
(この仕事に向いて・・・)
『この仕事に向いてないと思うんですよ』
少し斜めな性格かもしれませんが(笑)このセリフを聞くといつも私は春を実感するのです。

初めは、人や環境、接客や業務に慣れるのに必死です。
それを過ぎたら次は、仕事を覚えるのに必死。
そして1年が経つ頃、ある程度慣れて心にも余裕が持ててきた時に少し冷静になって周りを見る…そんな時に出てくるセリフが『私、この仕事に向いてないと思うんですよ』

これは、誰もが経験する病気だと私は思ってます。子供がかかる、おたふく風邪やハシカみないなものです。

 

後輩や新人からこのセリフを言われた時、皆様だったらどんな返答をしますか?
私の場合は満面の笑みで『おめでとう♪』と伝えます。ほぼ全員、驚いた顔をしますけど(笑)
いわゆる、大人になるためのある種のイニシエーション(儀式)ではないでしょうか?
恥ずかしながら、私自身も「向いてない」も吐いた事があるのです。

では、向いている仕事とは一体何でしょうか?
聞き返しても、明確な答えは返ってこないのが大半です。
そうですよね。人生で就いた職なんか限られているし、世の中の仕事を全部知ってる訳ではないですもん。
どの口が言っているんだ?って話です。

『この仕事に向いてないと思う』と言える人種は、たった1つだけだと思います。

《その道を極めた人》

それ以外は、このセリフを吐いてはいけないと思ってます。

毎日毎日120%で仕事をしている訳ではないのに、世界中の誰よりも努力している訳ではないのに、四六時中・年中無休で考えている訳ではないのに、分かるはずがありませんよ。

例えば、メジャーリーグで活躍しているイチローが、
『結果は出しましたけど、僕は野球には向いていませんでした』

50歳を迎え今も現役で活躍しているJリーガーのカズが、
『この年齢まで努力し続けましたけど、僕はサッカーには向いていませんでした』

と言うのなら、これには納得します。

それ以外は全て『言い訳』や『甘え』ではないでしょうか?
「向いてない」と言う後輩たちには、人生の先輩として、職場の先輩として、教える義務があるとも思っています。

 

私自身、まだまだ道半ばの半熟者。
一生かけて、このセリフを言えるようになるかは分かりませんが、毎年このセリフを聞くと、自分自身も初心に帰る事が出来ます。

仕事で関わる全ての人にこのセリフを言わせない為にも、常に背中は見せていくつもりです。
道を極めるまで…

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る