チーム創りコラム

最強のセンス

朝焼けの湖畔
僕が美点だと思う人物特性の中でも、これってこの人の才能だよなぁと感じるのが、魅力を見つける力です。
人に対してだけでなく、物や景色や情緒にもそれを見出せる能力は販売力にも深く関わっています。
 
魅力を見つけることができるのは、対象に興味を持っている、対象を把握しようとしている証拠であり、なぜそう感じるのかをより詳細に説明できる人ほど、他人からの好感度や商談の成約率が高い傾向がありそうな気がします。
(※個人の感想です)
とは言え、魅力の詳細を語れる人は嫌味なく人を褒めたり、商材の良いところをつらつらと話すことができるわけで、統計を取らずとも納得いただけることと思います。
 
これを聞いただけでも、魅力の詳細を語れれば、職場の対人関係や販売実績がうまくいくかも、と思えますよね。
 
 
ただ!
 
興味を持つことって意識的にできますか?
というか興味ってどう持ったらいいんでしょう。
興味って自然と湧くものなので意識して働きかけてるわけじゃないんですよね。
 
だから僕はこの能力を才能だと思うのです。
では、凡人にはどうすることもできないのか?
 
否。
 
 
世の中、興味のないことの方が圧倒的に多いです。
そして興味以前にそもそも知らないことが世界の99%以上を占めています。
つまり、魅力を語れる人間になる第一歩は知ろうとすること。
 
なんでもいいんです。知ろうとする練習をしてください。
でもなんでもいいと言ってしまうと迷ってしまうタイプの人もいると思うので、そうだなぁ〜、、、
 
それ。あなたの部屋の隅に佇んでるそれ。掃除のコロコロ。これについて調べてみましょう。
正式名称はなに?
これっていつぐらいから、なにがきっかけで普及したんだっけ?
最大手のメーカーはどこ?
裏ワザ的な使い道があるかも?
 
コロコロの知らないこと、たくさんありますよね?
 
 
こんなくだらないことを繰り返していると知識が自然と増えていき、「照らし合わせ」ができるようになります。
その照らし合わせは表現力と応用力に繋がります。
 
知ることから始めて、ただのイイネ!ではなく、こうだからイイネ!と言える人を目指しましょう。
 
 
 

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る