チーム創りコラム

石橋を叩きすぎて壊しちゃう人の強み

石橋を渡る人

「今日はどうして遅刻したの?」
「はい、今日も事故渋滞のせいで…今月に入ってもう3回目ですよ、事故。ホント嫌になっちゃいます!!」
「そう、巻き込まれなくてよかった。今日みたいな雨の日は事故も起きやすいからね。前回も渋滞で遅刻しているけれど今日は早めに家を出なかったの?」
「え?渋滞のせいで遅れたのに自分が悪いんですか?」
「……。」

答えに窮する上司の姿が目に浮かびます。
ただリスクマネジメントを教えてあげないと本人が困る場合もありますし、何とかしてこの部下にリスク回避の重要性を伝えたいと思うのは社会人として当然かもしれません。

事故が起きる可能性が高い雨の日は早めに家を出ようと決める。
こういう判断を下すのは遅れることに対しての意識が高いからです。
ちなみにこの意識の高さというのは常識とか社会人としてというのもあるけれど、もっと根本的なところで「不安だから」なのではないでしょうか。

遅刻してペナルティをくらったり、周囲から冷たい視線が送られて恥ずかしい思いをしたり、その後の予定に影響が出て関係者に迷惑をかけたり、上司からこっぴどく叱られたりするリスクを負うことが不安だから、早めに家を出ることでリスクを回避し安心したい(または、させたい)と感じるのかな、と。

社会人としての常識がないというよりもリスクを負う想定がないか、もしくはリスクに対して不安がないからいつも通りの時間に家を出るのですよね、きっと。そして上司は、部下がリスクを負うことを「自分が」不安に思っているからこそ同じように感じていない部下を注意したり、怒ったりするのです。

世代間の価値観の違いや社会人としての常識などを論じていてもキリがないからここでは深掘りしませんが、私たちは《不安》を減らすためにリスクを事前に想定し、回避行動を取ろうとするという人間の防衛本能に関しては、覚えておきたい事実です。

それと合わせて特にビジネスの場では、こうした危険察知能力の高い低いが【優秀かどうか】という評価と紐付いていることも。つまり、事前に「よりたくさんの不安」を想像できる人ほどビジネスにおいて高評価を得られやすいということなのです。

ネガティブな想像力が評価されるというのは、とても面白いと思います。

いつもいつも未来に対して不安ばかりで危険を察知しているから行動できない…
いわゆる「石橋を叩きすぎる」タイプや、慎重派保守派の人たちはあまりいいイメージが持たれないかもしれませんが、実はその不安予測自体は最高の能力です。

お客様から断られるのを恐れて「何を言われるだろう?」と予測するからその【何】を考えて切り返しを用意できる。
知らないことを聞かれたらどうしよう?という不安がわき起こってくるからできる限り「知っていたい」と感じる。
時間通りに終わらなかったら?と予想するからスピードを早めたり、時間に余裕を持つように段取りを組み直す。

どれもみんな「起こり得る未来の不安」が予測できるからこそ対策を練られているということではないでしょうか。石橋を叩きすぎて「壊しちゃう」のは対策を考えられないだけで、見方を変えればキラリと光る才能。

私自身も、不安だらけ恐れだらけのネガティブな未来予測が得意?だったからこそ段取りやスケジュール管理を徹底できた気がします。相手の反応まで全部筋書きにしてイメージし商談に臨んでいた、などもそうです。想定外の出来事が怖かったからできるだけ「想定内」を増やそうとしていました。

そう言う意味ではメンタルの弱さすら、ちょっとした強みになるってことなのです。

経営者は大なり小なりみんな小心者で慎重派、そんな意見をどこかで読んだことがあります。
石橋を叩く姿勢がリスク想定を生み、対策や戦略に生かされるということかもしれません。

ときおり石橋ごと壊してしまうのも慎重が故。「未来の不安ばかり考えているから行動できない」と責めるよりも、強みを生かして起こり得る未来の不安をどう対処するのか?という思考にシフトしたほうがビジネスでも評価されます。

さらに、大胆な行動派と組んだら最強です。
ブレーキを生かしつつ推進力も伴う。自分の強みは行動力のある人と組むことで生かされる…そんな風に自分を評価したらいいのです。

石橋を叩きすぎるのは強み。
自分をもっと生かせる場面を考えて、有効に活用していきたいですね。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る