株式会社チームクリエーションの記事一覧

  1. コンセプトをハッキリさせて『顧客のファン化』をしよう

    私たちは全員、ラーメンが大好きです。お気に入りのお店にはメンバーと週イチで通ってしまったりします。私も大好き過ぎて、痛風になってドクターストップがかかったのは数年前…痛い思い出です。その昔、近所にあったラーメン屋さんはちょっと変わっていました。

    続きを読む
  2. 販売スタッフが抱えている大きなストレスを「価値」で解放する

    私たちは、Twitter(@teamcreationPR)を使ってこのコラムの更新情報や販売店のチーム創りのヒント、マネジメントや人材育成に関するつぶやきなどを告知していますが、フォロワーさんのツイートから関連ツイートをたどっていくと、よく見かけるのが携帯販売店に勤めるスタッフさんの「心の声」です。

    続きを読む
  3. 受動的接客がお客様の満足を奪う

    みなさんは接客業にどんなイメージを持つでしょうか?私はアルバイトをカウントすれば8年ほど接客業を経験する中で、接客業にとても受動的な印象を持っていました。お客様を「お迎え」したり、お客様のニーズに「合わせ」たり、そういう〝相手ありき〟な性質が受動的なイメージを刷り込んでいたのです。

    続きを読む
  4. チーム創りの基本は『ポジショニング』にあります

    販売店の主な仕事は「商品を販売すること」です。そして私たちの仕事はその商品やサービスを売るお店のためのチーム創りやお店づくり、そのための人材育成やマネジメント、スタッフケアなどになりますが、私たちの考えている販売店のチーム創りには「適材適所」という考え方がなくてはならないものになっています。

    続きを読む
  5. 元営業マンが教える、売れる「考え方」

    私たちは販売店様向けにショップコンサルティングやマネジメント育成、従業員コーチング/メンタルケアなどを実施していますが、いろいろな販売店様を見てきて、常々感じていることがあります。それは、「売るための考え方」を教わる機会がまったくない。「売るための考え方」を教えられる人が1人もいない。

    続きを読む
  6. PCのescキーの画像

    主体的な部下を育てるのに、一番邪魔になるもの

    「これをやってほしい」と頼んだ仕事が終わっていない、中途半端。求める期日を平気で過ぎてくる部下。納期意識や段取り力の高い上司は焦ります。

    続きを読む
  7. 意図が相手にしっかり伝わる『質問力』を磨く

    ちょっと想像してみてください。その職場では、お昼休みに自由に外出ができます。AさんとBさんは一緒にランチに行きラーメンを食べてきましたが、Bさんの方は「ちょっと用事があるから先に戻ってて」と、Aさんに言い残し、休憩時間を3分オーバーして職場に戻ってきました。

    続きを読む
  8. 才能は「当たり前」の中に隠れています

    【才能】:物事をうまくなしとげるすぐれた能力。 皆さんは、才能をお持ちでしょうか?自ら才能ありますよ!って言う人も、なかなかいないとは思いますが、「俺は、私は、僕は、普通の人で、才能なんてありませんよ」そう言う人が大半ではないでしょうか。

    続きを読む
  9. 【やる気スイッチ】を押すのは誰?

    某進学塾のCMにより【やる気スイッチ】という言葉が浸透しました。私自身も過去に【やる気スイッチ】が入るのを体験したことが何度もあります。学生時代は、親父がキッカケで野球にのめり込んでいきました。初めて高校野球を観戦に連れて行ってもらった小学5年生の時。

    続きを読む
  10. デキる人ほど、腹の底には凶器を隠し持っています

    『細部まで気を配れるし視野もわりと広めだと思う。多少体調が悪くたって仕事は休めないのが当たり前。

    続きを読む

最近コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る