株式会社チームクリエーションの記事一覧

  1. 膝を抱えて落ち込む人

    劣等感と罪悪感を克服するには、やりたいことで成果を出すこと

    ちょっとお恥ずかしい話なんですが、私の20代半ばまでの人生は挫折・劣等感・罪悪感この豪華3本立てで成り立っていました(笑)本日は私の、Before▶︎After話なんぞを少し。

    続きを読む
  2. やる気で燃えている人

    為せば成る為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

    私がマネージャーとして組織で働いていた会社員時代から、独立し起業した現在も、ずっと大事にしている「信念」があります。

    続きを読む
  3. 首をかしげる人

    ビジネスにおける「灯台下暗し」とは?

    灯台下暗しとは、人は身近な部分には案外気がつかないものだという例えです。人間関係において悩んだ時には、まず身近なところにあるありがたみや感謝を考えてみると楽になることも多いものですね。

    続きを読む
  4. 波止場でカッコつけている人

    ちっぽけなプライドほど、選手の成長を妨げる

    かの有名なID野球を打ち立てた元ヤクルト・楽天の野村克也監督の言葉が、今日のタイトルです。プライドという言葉は良く聞きますけれど、本当に捨てた方がいいのかな??人生の先輩が「成長を妨げる」とまでおっしゃるのだから、不要なものなのでしょうね。

    続きを読む
  5. ムンクの叫びのようなビジネスマン

    失敗するのが怖い時の取扱説明書

    仕事を始めたばかりや慣れない仕事を任されたときなど、失敗するのが怖いと直感で思ってしまう。この直感は、置き換えると「不安」です。このとき、頭の中では考えているのは「失敗したらどうしよう…」ということ。脳は常に「答え」を探そうとし、答えが見つかるまでずっと探し続けるからモヤモヤするのですね。

    続きを読む
  6. 戦っている二人

    数字以外でチームに貢献している実感を持たせるために

    チームクリエーションは、店舗運営サポートとして販売戦略等のアドバイスもしていますが、よくある戦略として日常的に使われている手法として「販売実績の個人対抗戦」を行うことがあります。

    続きを読む
  7. 医者

    カウンセラーみたいな上司になれたらいいんですけどね

    部下との面談後。部下の顔つきが変わってモチベーションが上がるのを見たり、ほっとした表情を浮かべてくれるのを見るのが私は大好きでした。

    続きを読む
  8. 上昇グラフの上を駆け上がるビジネスマン

    チームの成果を上げるのに一番大切なこと

    成果を出さなければいけないという責任感の中で戦っておられるチームリーダーには特にお伝えしたいことがあります。自分も、そして部下も本当に楽しいと思うことを仕事に変えられたとき、そこに結果がついてきます。どんなスキルも、どんな仕組みも、「楽しい」には敵わない。

    続きを読む
  9. 階段を登る人

    不満に隠れた本心を満たす具体策を練る際の考え方

    働く人と切っても切り離せない関係にある不満や悩み。整理してみると本心が現れて、本心が見えたら解決策が浮かんでくる…こんな流れで不満を解決するステップを考えてきました。不満を解決するという表面上のものだけではなく、本心を満たすために不満を活用するというやり方をお伝えしてきたつもりです。

    続きを読む
  10. 肩をすくめる人

    やりたくない仕事はやらないという選択は自己中心的なのか?

    最近の若い者は仕事を選り好みして、やりたくないことから逃げている…こうした嘆きは実はどの時代にもありました。

    続きを読む

最近コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る