株式会社チームクリエーションの記事一覧

  1. 雪の中で目を閉じている少女

    自力で視野を広げるのは難しい。問題を一度忘れて視野を広げてからもう一度問題に取り組みましょう。

     視野を広げるという言葉をマイナスの意味で使っている局面を僕は見たことも聞いたこともありません。  一極集中の場においてすら、なりふり構わず一点を見つめることよりも視野を広く持つことの方が肯定的に扱われている気すらします。

    続きを読む
  2. 成人式の晴れ着の女性

    最近のニュースで心を動かされた言葉

     『大人になる日に大人が裏切ってしまったことを、同じ大人として、とても申し訳なく、そして恥ずかしく思っています』  これは、先日 振り袖の着付けや販売などを手掛ける会社が突然営業を取りやめ、成人の日に晴れ着を着られない新成人が相次いだ問題に対して リベンジ成人式を行う発表をし...

    続きを読む
  3. マネージャーの札を掲げる女性

    『一方聞いて沙汰するな』

    自慢じゃないのですが、私は日本史にとても疎いんです。学生の頃あまりに勉強をしたくなくて、唯一赤点をとった科目も日本史。

    続きを読む
  4. 話す人と聞いている人

    ヒヤリング力を高めるゲーム

     『ヒヤリング』 お客様の潜在ニーズや顕在ニーズを引き出す為にとても大事なことです。 このヒヤリング力を高める為に、朝礼でちょっとしたゲームを取り入れております。 このゲームを取り入れてから実績に繋がってきているのでご紹介します。

    続きを読む
  5. 考えているリーダー

    リーダーは参謀なのか

     僕はよく間違えます。リーダーには計算力が必要だと。リーダーはチームの誰よりも全体を把握していなければならないと。緻密な計算と塾考で策を立てられなければならないと。うまく立ち回らなければいけないと。

    続きを読む
  6. 駅伝走者の足元

    『リーダー』『チーム創り』のお手本

    毎年楽しみにしている、箱根駅伝大いに盛り上がりました。混戦との予想を覆し、青学が圧倒的な強さで4連覇達成。おめでとうございます 1度勝つだけでも大変なのに、4連覇とは・・・しかも学生スポーツで…学生スポーツでの連覇の難しい所は、選手が毎年入れ替わる(卒業)ところ。

    続きを読む
  7. PCのescキーの画像

    チームを敵と見なして反抗する人にリーダーができること

    団体で行動するときに、不貞腐れた態度を取ったり、チームの意に背いた行動をする子供のような人は残念ながら大人になっても一定数存在します。 特に皆がやる気になっているときは、その少数がイライラの原因になり、チームの意欲が排除の方向へ注がれてしまいます。

    続きを読む
  8. プロなら100点の仕事を

    水曜日ゴルフ部【Im】です本日は打ち納め17番ホールまで90で回り最終ホール、普通に回れば100を切るところ叩いたのは11打…ゴルフの神様にイタズラされた【Im】が水曜日をお知らせ致します先日、後輩の仕事場に遊びに行きました20代前半からフリーランスとして活動企業のホームページ作成や名刺のデザインを...

    続きを読む
  9. 話が噛み合ってるのに結論がズレるのは、○○現象のせいだった!

    みなさんお疲れ様です。&Uです。前回の記事のまとめ・人間は環境によって左右される。個人が環境そのものになるケースもある。・策を講じる、さもなくば環境から遠ざかる。変化をつけるのは意外に簡潔である。世の中の問題解決は全て、話し合いで発生します。

    続きを読む
  10. クレーム現場に居合わせた時の話

    先日、仕事帰りにコンビニに寄ると、レジカウンターが異様な雰囲気になっていました近付いてみると・・・30代サラリーマンが怒り狂っていましたレジではアルバイトスタッフと責任者の2人がひたすら謝っています買い物をするフリをして暫く様子を見ることにぼんやりと話が見えてきましたアルバイトスタッフの態度がおかし...

    続きを読む

最近コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る