販売店リーダーとしての在り方

  1. 上司から指導される部下

    リーダーよ、時には、鬼になれ

    チームリーダーの心構えみたいなことを常々書いていますが、 私が会社員時代に「神的にスゴいチームリーダーだったか?」というと 結構疑問点が残る部分はあると思います。部下に当たり散らしたこともありましたし、 うまく本音を引き出してあげられなかった部下もいました。

    続きを読む
  2. 指示をされ泣いているビジネスマン

    指示通りに動く仕事ばかりが楽しいわけじゃない

    あなたがチームリーダーであるなら、 今の立場を手に入れるまでに多くの努力を重ねてきたと思います。理不尽な要求も受け入れ、与えられた仕事はすべて「ハイ」。

    続きを読む
  3. ウィニングランをするビジネスマン

    危険を承知で、部下に強烈な達成感を味わわせる方法

    「部下が楽しんで仕事をしているか?」チームリーダーは常にこの観点で物事を考えるのは非常に重要ですが最近どうも部下があまり楽しんでいるように見えない、という時には 【部下のやりたいようにやらせてみる】という手があります。

    続きを読む
  4. 業績グラフの上を滑り落ちるビジネスマン

    実績の個人対抗戦に潜むワナ

    販売店などでは日常的に販売実績の個人対抗戦を行う、という戦略が安易に使われます。

    続きを読む
  5. お宝の鍵を手に入れたビジネスマン

    リーダーの役目は部下のリソースを見つけ、ポジショニングすることです

    適材適所、という言葉があります。 私たちの考えているチーム創りには、 この適材適所の考え方が、なくてはならないものになっています。チームメンバーの好きなことや得意なこと(リソース)を見つけ出しそれを生かす役割を与える(ポジショニング) という考え方がベースにあるからです。

    続きを読む
  6. 若者は宇宙人のようだ

    ゆとり世代、さとり世代の対応に悩むリーダーへ

    ・「教えてもらっていないからできません」・遅刻、早退、欠勤…学生気分が抜けてない!・何かアドバイスすれば「鬱っぽいんです」最近の若者は…と居酒屋で愚痴るのが精いっぱいで、正直どう対処したらいいのか、わからない…と嘆くチームリーダーのみなさん。

    続きを読む
  7. 言い争っている人たち

    相手の目線で物事を考える-ポジションチェンジの使い方

    一対一のコミュニケーションがうまくいかない…私も長い間ずっと悩みながら生きていました。それでも仕事となれば、部下の気持ちを考えて… と、比較的上手くコミュニケーションを取れていたとは思うのですが。

    続きを読む
  8. やる気のある人

    部下の強みがわからないリーダーになっていませんか?

    部下を抱えるチームリーダーのみなさんは、 「部下の弱みや欠点」はすぐ見抜けるのではないでしょうか?反抗精神が大きい、言われたことしかできない、やる気が見えない、打たれ弱い… こういう部分はすぐに見つけられますからね。

    続きを読む
  9. 虫眼鏡で見ているビジネスマン

    目線はもっと上へ-リーダーに求められる「視点の変化」

    特にリーダーになりたての頃に多いのですが「自分の言うことは絶対正しい」「なぜ言うことが聞けない、やれないのだろうか」という感覚に陥りがちです。「人の上に立つ」「人を裁く」という視点で物事を見てしまうんですね。私もそうでした。

    続きを読む
  10. てっぺんを取ったビジネスマン

    どうして強いチーム創りが必要なのか?

    《チーム力の向上》は、このブログ全体のテーマの一つです。部下の強みを生かすマネジメント、自主的に考えるチームを作ることなどなど…こうしてチーム力を高めることができるイケてるチームリーダーになるための参考にしてもらえるよういつも記事を書いています。

    続きを読む

最近コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る