販売店リーダーとしての在り方

  1. やる気で燃えている人

    為せば成る為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

    私がマネージャーとして組織で働いていた会社員時代から、独立し起業した現在も、ずっと大事にしている「信念」があります。

    続きを読む
  2. 戦っている二人

    数字以外でチームに貢献している実感を持たせるために

    チームクリエーションは、店舗運営サポートとして販売戦略等のアドバイスもしていますが、よくある戦略として日常的に使われている手法として「販売実績の個人対抗戦」を行うことがあります。

    続きを読む
  3. 医者

    カウンセラーみたいな上司になれたらいいんですけどね

    部下との面談後。部下の顔つきが変わってモチベーションが上がるのを見たり、ほっとした表情を浮かべてくれるのを見るのが私は大好きでした。

    続きを読む
  4. 上昇グラフの上を駆け上がるビジネスマン

    チームの成果を上げるのに一番大切なこと

    成果を出さなければいけないという責任感の中で戦っておられるチームリーダーには特にお伝えしたいことがあります。自分も、そして部下も本当に楽しいと思うことを仕事に変えられたとき、そこに結果がついてきます。どんなスキルも、どんな仕組みも、「楽しい」には敵わない。

    続きを読む
  5. 上司と部下

    部下の背中を押してあげる上司になろう

    人は無意識にいろんな感情や考えを持っていてそれを隠しています。だから上司は部下の「無意識の声」を拾うことが大切という話を以前にしました。とはいえ、たとえ無意識の声が聞こえたとしても、その後の対応によって相手の反応が変わってしまいます。

    続きを読む
  6. 糸電話をする二人

    部下の「無意識の声」に耳を傾けよう

    私の会社員時代のことです。当時の「マネージャー」という立場上、部下から相談を受けることが多々ありました。その中でも、ダントツに多かったのが【コミュニケーションの悩み】まぁ「すべての悩みは対人関係にある」とアドラーも言っている通りですね。

    続きを読む
  7. 賞賛を受ける人

    「褒める」では部下は育たない

    『褒めてやらねば人は動かじ』山本五十六先生の有名な金言です。褒めることは非常に大事で、怒られることよりも人は褒められることで伸びるといいます。私も実際褒めて伸びる人間だと思います。

    続きを読む
  8. 人材教育アメとムチ

    デキる部下が育たない環境

    なかなか部下が育たないんですよ…一度もこう思わないリーダーなんて、いないのではないですかね?特にこのケースによる悩みは、主にチーム(組織)としての成果が求められている環境に上司に多いです。(個人の営業成績が主の職種は少ない)部下が育たないのは環境が要因として考えられます。

    続きを読む
  9. 組織

    上司の悩み-チームがまとまらないんです

    なんか社員(部下)がまとまらないんですよ・・・これ、管理者の方から毎回と言っていいほど聞きます。仕事をしている中で、働いてる方が心地よさを感じる部分としてこのまとまり=一体感があります。そして大きな目標や追い込みなどの際にこのまとまりがあるのとないのでは大きく結果が変わります。

    続きを読む
  10. 上司の指導

    上司の悩み-部下が思い通りに動いてくれないんです

    部下が思い通りに動かないんですよ・・・きっと悩んでいる上司がいたら、きっと一番多い悩みだと思います。そりゃそうですよね?部下が思い通りに動けば、きっと思い通りの結果になると思いますもんね。私も初めて役職に就いた時には、同じような悩みを抱えていました。

    続きを読む

最近コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る