販売店の人材育成

  1. 受動的接客がお客様の満足を奪う

    みなさんは接客業にどんなイメージを持つでしょうか?私はアルバイトをカウントすれば8年ほど接客業を経験する中で、接客業にとても受動的な印象を持っていました。お客様を「お迎え」したり、お客様のニーズに「合わせ」たり、そういう〝相手ありき〟な性質が受動的なイメージを刷り込んでいたのです。

    続きを読む
  2. 元営業マンが教える、売れる「考え方」

    私たちは販売店様向けにショップコンサルティングやマネジメント育成、従業員コーチング/メンタルケアなどを実施していますが、いろいろな販売店様を見てきて、常々感じていることがあります。それは、「売るための考え方」を教わる機会がまったくない。「売るための考え方」を教えられる人が1人もいない。

    続きを読む
  3. PCのescキーの画像

    主体的な部下を育てるのに、一番邪魔になるもの

    「これをやってほしい」と頼んだ仕事が終わっていない、中途半端。求める期日を平気で過ぎてくる部下。納期意識や段取り力の高い上司は焦ります。

    続きを読む
  4. 才能は「当たり前」の中に隠れています

    【才能】:物事をうまくなしとげるすぐれた能力。 皆さんは、才能をお持ちでしょうか?自ら才能ありますよ!って言う人も、なかなかいないとは思いますが、「俺は、私は、僕は、普通の人で、才能なんてありませんよ」そう言う人が大半ではないでしょうか。

    続きを読む
  5. 【やる気スイッチ】を押すのは誰?

    某進学塾のCMにより【やる気スイッチ】という言葉が浸透しました。私自身も過去に【やる気スイッチ】が入るのを体験したことが何度もあります。学生時代は、親父がキッカケで野球にのめり込んでいきました。初めて高校野球を観戦に連れて行ってもらった小学5年生の時。

    続きを読む
  6. 基準を自分において部下を育てるのは素人のやり方です

    「これをやってほしい」と頼んだ仕事が終わっていない、中途半端。求める期日を平気で過ぎてくる部下。

    続きを読む
  7. 部下をやる気にさせる褒め要素4パターン

    「人を動かす、部下を動かす」のに褒め言葉は欠かせません。相手をコントロールしたり支配したりするために褒めるのではなく、純粋に感謝や承認を示せば、相手はちゃんと受け取ってくれるからです。私も褒められたい人です。

    続きを読む
  8. 新人に一番最初に教えたい「ミスした時のカバーの仕方」

    「失敗から学べ」私が若い頃は先輩からこんな風に教わりました。教えの通り、たくさんのミスや失敗をしてきました(笑)ヘタしたら損害賠償という大きなものを含めて、笑って許されるものを入れたら無数です。ですが数多くの失敗を経験することで、たとえ失敗してもカバーができるということを学べます。

    続きを読む
  9. 『特別』な事を『普通』にしてみると

    『普通』 いつ、どこにでもあるような、ありふれたものであることです。 去年、入社した新人さんも1年が過ぎました。 当時、右も左も分からなかった新人さん、今では『普通』に仕事をこなしているのではないでしょうか?中堅社員もベテラン社員も全員が全員、新人を経験しています。

    続きを読む
  10. お客様観察から見えてくるもの

    閑散期になると、イベントのチラシをポスティングしたりしますよね。ポスティングをすると昔をふと思い出します。数年前、訪問販売の営業をやっていた時もこんな風に住宅街を回っていたなぁと。

    続きを読む

最近コラム

コラムアーカイブ

ページ上部へ戻る