チーム創りコラム

  1. 「本気」をトレーニングする『全力じゃんけん』

    日々が、手抜きをしていると言う訳ではありません。みんな一生懸命に仕事をしていると思います。でもやはり、夏の風物詩である高校野球、そして少し前ならワールドカップ…スポーツを観るとどうしても「本気」とか「全力」というフレーズが頭をよぎります。

    続きを読む
  2. チームはバラのように育てる

    どんな職業にも、月に何度かスペシャルデイがあります。お店のイベントだったり、社内外でのプレゼン会議、新商品のプレスリリースなど。これら全てには成功を収めるための共通点があります。それは前日までの準備です。

    続きを読む
  3. 提案や訴求時の最後の一言は「水戸黄門の法則」で考えよう

    販売店でお客様への提案や訴求をしている時。気になるのは、やはりお客様の反応ですよね。契約するのか?検討になるのか?お断りされるのか?一通り提案が終わったあとの少しの沈黙・・・慣れないうちは、その数秒が何分にも何十分にも感じることでしょう。

    続きを読む
  4. 相手に伝わる「褒め方、褒め手法」

    「相手が一番喜ぶ伝え方」「相手が最も嬉しいと感じる伝え方」などから、褒めることや承認をすることの効能について考える機会も多いですが、いや、ホント。誰だって褒められたいです。自分が受け入れられている、認められていると感じられる中で仕事をするのが一番パフォーマンスが上がるのではないでしょうか。

    続きを読む
  5. 相手に正しく伝わるふさわしい「褒め表現」

    20代の頃、営業時代の上司はよく「いやぁ…やっぱりやってくれると思ってたよ。ホント助かった、ありがとう」と言ってくれました。私はこの言葉を聞きたくて、仕事を先読みし、実績を上げ、周囲の助けになりたいと思って働いていたような気がします。

    続きを読む
  6. 販売店リーダーに必須『雨乞いをすると雨が降る』の法則

    夏が大好き過ぎて周りからは変態とまで言われるほどですが、東北の夏は短く、気温も私には物足りないと感じる毎日です。長袖を着る夏なんて…汗をかかない夏なんて…あのダラダラの汗が懐かしいです。雨が降らず晴天の日が、何日も何月も続く。

    続きを読む
  7. 自分の弱さを受け入れ認める”強さ”

    幼少時代の私は喘息持ちで、小学校3,4年の頃は出席日数ギリギリで進級していました。マラソン大会ではぶっ倒れ、林間学校の山登りは命がけ。

    続きを読む
  8. コンセプトをハッキリさせて『顧客のファン化』をしよう

    私たちは全員、ラーメンが大好きです。お気に入りのお店にはメンバーと週イチで通ってしまったりします。私も大好き過ぎて、痛風になってドクターストップがかかったのは数年前…痛い思い出です。その昔、近所にあったラーメン屋さんはちょっと変わっていました。

    続きを読む
  9. 販売スタッフが抱えている大きなストレスを「価値」で解放する

    私たちは、Twitter(@teamcreationPR)を使ってこのコラムの更新情報や販売店のチーム創りのヒント、マネジメントや人材育成に関するつぶやきなどを告知していますが、フォロワーさんのツイートから関連ツイートをたどっていくと、よく見かけるのが携帯販売店に勤めるスタッフさんの「心の声」です。

    続きを読む
  10. 受動的接客がお客様の満足を奪う

    みなさんは接客業にどんなイメージを持つでしょうか?私はアルバイトをカウントすれば8年ほど接客業を経験する中で、接客業にとても受動的な印象を持っていました。お客様を「お迎え」したり、お客様のニーズに「合わせ」たり、そういう〝相手ありき〟な性質が受動的なイメージを刷り込んでいたのです。

    続きを読む

最新コラム

コラムカテゴリー

コラムアーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る