チーム創りコラム

  1. 『自分のダメな所ももっと知ってもらおうと思いました』

    以前に実施した企業研修で、ある参加者の方がくださったご感想の一文が今日のタイトルです。 この研修では、自分の現在の行動パターンを見つけそれをいい意味でぶち壊し、どうやってよりパフォーマンスの高い仕事につなげるか?をチーム内で発表する課題に取り組みます。

    続きを読む
  2. 反対勢力

    チームとしてまだまとまりきっていない職場で実績を上げていこうとすると、必ず衝突が起こります。 少し辛くても結果のために頑張りたい派と、現状維持をしたい派。 基本的に業績が振るわないチームは前者が少数です。

    続きを読む
  3. 部下のパフォーマンスを上げるのは自分基準ではなく相手基準で考える

    人を動かすということは奥が深いですね。 なぜかって、周りにいるのは自分と違う人ばかりだから。いや、当たり前のことです。自分と同じ人がいるわけないし、周りにいる人がみな自分と似たような価値観や考えを持っているわけでもなく。

    続きを読む
  4. 成長を止めてしまう思考

    昨日の自分より少しでも成長する為に、1cmでも1mmでも前進する為に、3D思考からの脱却をしないといけません。

    続きを読む
  5. 任せて終わりは無能の始まり

    人間関係をリセットするために、ケータイの番号を変えたり、電話帳を全消去したり、SNSのアカウントを作り直すって人、結構いるんですね。さておき、本日はスマートフォンのデータを整理して、懐かしい写真を眺めたり、普段は読まずに開封だけしている会員メールをまじまじと見たりしていたわけです。

    続きを読む
  6. 相手に伝わらないのは「一方通行」だからです

    仕事をしていると、そのほとんどが「相手に何かを伝える」場面になるのだなと感じます。  お客様への商談・提案をはじめ、部下への指示、上司への報告、プロジェクトの企画提案…商談やプレゼン、会議やミーティングなどすべてが「伝える&理解する」という双方向のコミュニケーションです。

    続きを読む
  7. 成長を促す特効薬『損をして得を取れ』

    皆さんはもうお気付きでしょうか?私は気付いてしまいました。もう既に…4月になったと言う事を…新年度になっても相変わらずのキャラでございます。さて。「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」と言う言葉は、教育の世界ではよく出てくる言葉の一つです。

    続きを読む
  8. 他人の異動を借りて

    全国的に人事異動の時期ですね。「頼れるあの人が居なくなってしまう。代わりにザンネンな人が来る」「嫌いなあいつがやっと居なくなる。新しい人ならやりやすくなるだろう」全国の職場がだいたいこの2つに分かれることになるのではないでしょうか。

    続きを読む
  9. 【教育】なのか【共育】なのか

    そろそろ3月も終わります。来週から新入社員が入ってくる予定の職場も多いことでしょう。育成については様々な考え方がありますが、私はたまに後輩を連れて課外授業をすることがあります。普段の職場とは違い、お互いに私服で外で会うと違った一面、意外な一面が見られるのでいつも楽しみにしています。

    続きを読む
  10. 周りからの評価が気になるときには…

    皆さんは自分自身をどう評価してますか?周りからどう評価されていますか? 仕事をしていると少なからず気になる所ではないでしょうか?会社からの評価、上司からの評価、部下からの評価、お客様からの評価… 数字では表せない部分なので難しい所ではありますが、こんな事を気にしすぎて頭を悩ませていた若い頃を...

    続きを読む

最新コラム

コラムカテゴリー

コラムアーカイブ

Twitter

ページ上部へ戻る