チーム創りコラム

意欲を下げる「透明な壁」の正体を知る

泣いている人

私たちはそれを「透明な壁」と呼んでいます。

誰もが多かれ少なかれ持っている

「私はこういう人間だ」

「私はこのくらいの価値の人間だ」

「私は周囲からこのように思われている」

という思い込み、信念、価値観のことです。

なかなか目に見えないから、「透明」なのです。

 

 

個人面談を行って一人一人話をしてみると、必ずと言っていいほど出会うのがこの『思い込み』です。

思い込みという得体の知れない感情が、我々にブレーキをかけてしまうことが多いのです。

 

 

 

思い込みというものは2パターン存在します。

それは
①『自分』は(が)こうだ!(だろう、かもしれない)という思い込み
②『他人』は(が)こうだ!(だろう、かもしれない)という思い込み

 

よく聞きますね、コレ。
大抵の方はこの2パターンで自分にブレーキをかけているんですね。

 

この思い込みというものはどうやって出来ているのでしょうか??

 

それは…

頭の中にいるもう一人の自分が作り出す『イメージ』なんです。

 

思い込みというのは大抵、『事実』ではなく『想像』であることがほとんどです。

 

実際に言われた事がないのに、自分は◯◯だ…とか
何もしてないのに、自分は出来ないんだ…など。

 

特に後者のような思い込みは

「やってるけど出来ないんだよ!」って思う方もいるかもしれません。

 

でも、本当にそうなのでしょうか??

 

やっている『フリ』なのかもしれないし、

『出来ない』ことを前提、証明する、正当化するためだけにやっているのかもしれません。

 

何はともあれ

この『思い込み』の正体を知ることは、意欲を高めること、パフォーマンスを上げること、チャレンジをすること、結果を残すことなどの一番初めの一歩になります。

 

もしも今、意欲が下がっているのなら

目には見えない「透明な壁」の存在に一度目を向けてみませんか?

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る