チーム創りコラム

いつまでも「見えない視線」に怯えるのはどうなんでしょうね

震える人

人の目線が怖い

人からの評価が怖い

周囲からの見られ方を気にする人はとても多いですね。

私も以前まで人一倍「見られ方」を気にして生きてきましたからよくわかります。

でも「見られている」というのは、

自分の頭で勝手に作り上げた他人の「見えない視線」だということに気づいた時、ちょっと恥ずかしくなったんですよね。

 

見えない視線に怯える、いわゆる「自意識過剰ちゃん」。

中でも2つのタイプに分かれます。

見えない視線に出来る自分を必死にアピールする【頑張りちゃん】

見えない視線に出来ない自分をアピールする【自信ナシ子ちゃん】

私の場合は間違いなく、前者の頑張りちゃんでした。

できない自分が許せない、ってヤツです。

 

「自意識過剰ちゃん」たちが、どういう結末を迎えるのか?

ちょっと知りたくありませんか?

 

頑張りちゃんは、いつも必死に自分の頑張りをアピールして、自分の価値、評価を高めようとします。
このタイプは想いを口にすることもでき、リーダーなどに適しているタイプですね。

頑張りちゃんは自分自身の評価や価値を強く意識します。そのため、必要以上に他者から評価、価値を意識してしまうのです。

特徴としては、褒めたり、評価をされている間は素晴らしい仕事をしてくれます。

しかし結果が出ずに評価されなくなったり、不祥事などがあると一気に動けなくなるのです。

 

そして頑張りちゃんから「自信ナシ子ちゃん」へ生まれ変わることになるのです。

 

自信ナシ子ちゃんになるとどうなるのか?

「どーせムリ。自分なんて。認められてないし」というネガティブまみれになります。

失敗や間違いが怖くなってしまうのです。

 

失敗や間違いでの迷惑や、恥じらい、恐れを作り上げてしまうことで

余計に失敗することが増えていきます。

 

結果、

他人からの評価を高めようと一生懸命頑張るようになり

自信ナシ子ちゃんから頑張りちゃんに生まれ変わるのです。

 

 

頑張りちゃんと自信ナシ子ちゃんの相関関係は負のスパイラル。

そしてこの負のスパイラルの正体は

 

「必要とされたい」という願望と

「必要じゃないんじゃないか」という不安

 

であるのですね。

 

 

見えない視線や「必要とされたい」という願望

「必要じゃないんじゃないか」という不安から抜け出すのは

 

開き直ることです。

アラ、簡単。

 

 

そうしているうちに気付くのです。

人はそんなに自分を見ていないと…

まさに自意識過剰だった、ということに。

 

なんで勝手に人の目線を自分に向けてるの?

いやいや、そんなに他人様もヒマじゃないんだぜ?

 

そう考えると、ちょっと恥ずかしくなるでしょう?笑

 

そんな見えない視線に怯え続けるのではなく、時には開き直って、自分らしく生きていきましょう。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

コラムアーカイブ

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る