コラム

面倒くさがり屋だから分かる「めんどくさい」卒業のコツ

STOPの看板を持つ警官
「うわっ!めんどくさいなぁ、もう」
 
 
私の口グセです。面倒な事が大キライなんです。
 
買い物も、食事も、筋トレも、掃除も、洗濯も、仕事であっても、時に。
 
でもいつも、やってから思うのです。
 
「やってよかったな」と。
 
だったら、なーんで「めんどくさい」と思うんでしょうか??
 
 
 
 
例えば買い物。
 
実は「買い物」自体がめんどくさい訳ではないんですよね。
 
人それぞれだったりするのでしょうが、
 
欲しいものがない
その店じゃなくてもいいじゃん
移動が遠いし
他にやりたい事もあるし
時間がもったいない
もっと近くでいいじゃん
着替え、支度がめんどくさい、など…
 
 
買い物に行くという作業にまつわる【背景】がめんどくさいのです。
 
 
私は中でも「時間」を特に気にしてしまう。
 
あ、支度もめんどくさいか(笑)
 
 
 
 
面倒だと感じている時って「しなくてもいい」という判断をしている状態なんですね。
 
だとすると「めんどくさい」の正体は、
 
「しなくてもいい」と思っていることを「しなくてはいけない」と思ってしまうこと。
 
 
 

それでも面倒くさがらずやってみると…

めんどくさいままやってしまうと
「はぁ…なんでこんなことやらなきゃいけなんだよ」という自己嫌悪みたいな感情に陥ります。
 
 
そこで、
 
「しなくてもいい」を
「しなくてはいけない」ではなく
「してみてもいい」と変換してみることをオススメします。
 
 
すごく軽い気持ちで、まぁいいか、いいってもいいか、やってみてもいいかと自分に許可を出すのです。
 
 
「しなくてはいけない」という否定から
「してもみてもいい」という許可に変える。
 
これは心理学的にも実証されている効果なのです。
 
ちなみに声に出すと効果倍増ですよ。
 
 
 
「めんどくさいなぁ、もう」
 
と、言い続けるのも意外と疲れるもんです。
 
そりゃそうです、背景にあるのは「やらなきゃいけない」という強制なのですから。
 
 
もっと自分を許して、ラクに生きていきましょうよ。
 
 
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る