チーム創りコラム

どうして自分はやりたくないことをやっているのだろう?

疲れてうなだれる人

不満が湧いたら即整理!ということで、以前、不満整理のやり方をお話ししました。

最大のポイントは、
「やらされている」「やらなければならない」
と感じている自分の行動を見つけ出すことなんですが、 

次のステップはここを掘り下げます。

それはつまり、
「なんで、やりたくないことを自分はやっているの?」という素朴な疑問への答えを出すことです(笑)

 

この理由がつまり、心のブレーキとなっているわけです。

ブレーキの正体が判明して、それを外すことができれば…あとは、アクセル踏むだけじゃん!!!

 

ではさっそく、考えてみましょう。
今回もまた、前回登場した管理職である彼の場合で考えてみます。

彼が抱えていた「嫌だな」という感情を整理すると、

▼ 人の代わりに人の仕事をしている自分
▼ 仕事の拘束時間に縛られている自分
▼ 言うことを聞かない、周りに迷惑をかけている部下と関わらなければいけない自分

でした。

 

なのになぜ、嫌だと感じながらも、自分はやっているのだろうか?

やっている理由を考えてもらいました。

▼ 評価を得たいから

部下から、上司から、評価を得るために自分が犠牲になっていた
「相手から評価をもらう」ことを前提に、それならばと自己犠牲を払っていた

▼ 相手がそれを望んでいるはずだから

自分が代わりに仕事をすれば、仕事は円滑に回る、成果にもつながる
周りに迷惑をかけている部下をなんとかするのは、管理職としての自分の責任

▼ 人から悪く思われたくない

「こうしたい」と思っても、その要望を直接伝えることを避けるようになっていた
人の仕事を「それはあなたの仕事です」と言うことができなかった

▼ 自分のやりたいようにやることは、相手にとって嫌なことだと思っていたから

自分が代わりにやらなければ、会社に迷惑がかかる
部下をなんとかしなければ、職場の士気が下がる
だから、自分が折れる、抑圧する、我慢することによって、相手の嫌なこと(犠牲)を肩代わりしていた

 

どれもこれも、おそらく本心なのでしょう。

・自分を犠牲にして、相手を楽にさせてあげよう
・自分が頑張れば、会社の成果につながるだろう

こういう考えで頑張っている、管理職やチームリーダーの方はすごく多いです。

自己犠牲の精神で仕事をするのは、日本人特有なのかもしれませんね。

 

自分でやる決めたことだけれども、やることが苦しい・・・

ということは、

自分が本来やりたいことではなく、仕方なくやっている/やらされていることだということに気づかなければなりません。

 

それは一体、誰がやりたいことなのでしょうかか?

あなたは誰のためにそれをやっているのですか?

「他人がそれを望んでいるはずだ」
「自分は他人からそれを求められているはずだ」
「それをすることで成果につながるはずだ」
「評価も得られるはずだ」

これ、客観的に見て、どう思いますか?

全部、根拠のない思い込みではありませんか?

 

今回の相談者の場合、

「自分のことを、他人からこう見られたい」という人の目が気になるというブレーキ

そこから発展して

「自分はこうしなきゃ、こうあるべき」という自分に向けた思い込みというブレーキ

こうした本心が「仕事に行きたくない」という最初の不満の中に隠れていたんです。

ここまで考えてやっと、本心にたどり着いたということになります。

 

不満の整理法の第2ステップは

やりたくないことを、自分はどうしてやっているのだろう?と自問することです。

ここで、あなたが普段隠そうとして頑張っている「本心」がようやく見えてきます。

 

不満の解決は、本心を見つけてから、ですよ。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る