コラム

頑張らない!!

居酒屋で梅酒を注文

店員に『飲み方は?』

と聞かれ、

『元気に飲みます』

と答え、ドン引きされ、失笑される

でお馴染みの【I’m】です

その失笑が心地よいw

そんな【I’m】が水曜日をお知らせします

突然ですが、、、

私は仕事において『頑張る』と言う言葉が嫌いだ
それを口に出すのも嫌いだ

だかと言って、手を抜いて仕事をしている訳ではない

勉強なり、仕事なり、スポーツなどで、頑張ることは基本である

そう、【基本】なのだ

頑張る事は当たり前のことで、敢えてそれを口に出すのが嫌いなのだ

仕事なのだから、やるべき事をしっかりやる

やるべき事、やらなければならない事をやるだけなのだから、頑張らなくても良いと思っている

例えば、

海外旅行に行くとしましょう

場所は何処でも良いですが・・・タイにあるプーケットにでもしましょう

なぜ、プーケットなのか?

ただ、私が好きなだけです

2度行きましたが、本当に楽しかった

朝は眩しい陽射しで目を覚まして
シャワーの代わりに、そのままプライベートビーチへ直行
そのまま熱帯魚と戯れながら泳ぐ
ビールを片手にビーチを散歩
マリンスポーツを堪能した後に、ジャグジーに入って夜の街へGo

あぁ、思い出しただけでも今すぐに行きたくなる

・・・
・・・
・・・

す、すみません。
取り乱しましたw

そう!
これから大好きなプーケットへ旅立つ為に、飛行機に搭乗したとしましょう

心はウキウキです

シートベルトサインが消えた頃

機長から
『本日のご搭乗ありがとうございます。機長を務めます【G.G】です。皆様を無事にプーケットまでお届けするために、本気でフライトを頑張ります!!』

こんなアナウンスが流れたらどうだろう?

機長にとっては、フライトは仕事である

その機長が頑張ります!って…

いやいや、頑張らなくても良いから、操縦をしっかりして、無事にプーケットまで行ってくれよって思いませんか?w

また、
ある場所に移動する為に、タクシーに乗ったとしましょう

〇✕までお願いします

すると、タクシーの運転手が

『かしこまりました。運転一生懸命頑張ります!!』

もうね、不安しかないw

例えが極端過ぎたかもしれませんが、
やっぱり、昔からこの『頑張る』って言葉は好きじゃない

もし、頑張るって言葉を使うなら、

『顔晴る』(がんばる)

『顔晴れ』(がんばれ)

私が勝手に作った言葉ですが、こっちの方がしっくりくると思ってます

お客様対応するのに、『頑張る』

頑張るとは・・・・
1 困難にめげないで我慢してやり抜く。
2 自分の考え・意志をどこまでも通そうとする。我(が)を張る。

何か違和感しかないw

だから、私は『顔晴る』事にした

お客様あっての会社やお店、そして私たち

そのお客様に接する時に、いつも心掛けているのが表情です

自分の顔を晴らす

お客様の顔も晴れてもらう

お客様と接している時、
あなたの顔は晴れてますか?
曇ってますか?

お客様の顔は
晴れてますか?
曇ってますか?

お客様対応の原点だと思ってます

だから、今日も私は

『頑張らない』

で、

『顔晴る』

関連記事

ページ上部へ戻る