コラム

ラディカル・グッドスピード

みなさんお疲れ様です、&Uです。

前回のブログのまとめ
・ギリギリまでチャレンジすることで現状の限界の把握と成功の材料を手に入れることができる
さて、前回最後に挙げた2つの恩恵のお話です。
まず1つ目はスピードがもたらす恩恵。
前回で言えば、ドラクエでレベル30で倒せるボスがいたとして、27+戦術で挑む場合と32まで上げて余裕を持って倒す場合、安定性ではもちろん後者ですが、30で倒せるので平均より2レベル分リソースの無駄が生じます。
27+戦術で倒した人とはレベル5の差があり、前者はその差分だけ先のストーリーを知ることができます。
早いということはそれだけで有利な位置を陣取ることができます。
最近引越しの物件探しをしていますが、当然駅近くはほとんどが築年数の古い物件ばかりで、新しい物件はどれも駅から遠い場所にあるのです。
これも早さの恩恵であり、古い物件は新しい物件と同じような賃料でも需要が絶えません。
もう1つは周りからの評価です。
Lv27でボスを倒して少し先まで進んだA君と、Lv32でボスを倒したB君。
次の日学校でドラクエの話になったとき人気者になるのはどちらでしょう?
部下A・Bに急用を頼んだとき、お昼に終わったAと定時ギリギリに終わったB、次も期待されるのは?
もしかしたら、次に任せたときはBの方が早いかもしれません。しかし、Bはそれを証明するチャンスが果たしてもらえるのでしょうか。
きっと次の急用もAにお呼びがかかるでしょう。
そしてBはチャンスすら与えられないままAとの間に急用2回分の信頼の差が生まれるのです。
世の成功者もほとんどが、最初にそれを達成したという点で注目を浴びています。
早いと言うだけで、有利な条件と周囲の評価の両方が得られるケースは意外に多いのです。
前回のブログに戻りますが、以上の点からチャレンジは早めに、そしてギリギリまで行い、うまくいかないのは失敗なのか材料が集まっただけなのか考え直す、ことに取り組んでみては如何でしょうか!
ここで好きな名言をひとつ
「お前に足りないものは、それは!情熱・思想・理念・頭脳・気品・優雅さ・勤勉さ!そしてなによりもォォォォ!!




速さが足りない!!」

関連記事

ページ上部へ戻る