コラム

『洞察力』でお客様を顧客に変えた事例

水曜日ゴルフ部の【I’m】です
本日のスコアは・・・
紅葉には少し早すぎました
先日、友人3名と久々の呑み
この3名は業種は違うが、サービス業をしており、こーやって時々集まって色んな話をします
今回は都内で開催
適当にぶらつきお店を探す
一期一会なので、敢えて予約はしないルール
季節外れの台風のせいで小雨が降ってくる中、良さげなお店をチョイス
店内は落ち着きがあって、料理も美味しい
仕事の話がメインで、それぞれ近況報告や悩み、相談をしながらお酒がススム
こんな時間はあっという間に過ぎていく
終電も近くなったのでお会計を済まして外に出ようとすると…
先ほどの小雨が本降りになっていた
駅までは徒歩5分程度
ダッシュすれば3分
ほふく前進だと・・・分かりません
誰も傘を持っていない
覚悟を決める3人
酔っ払いの中年が駅まで本気のダッシュ…
見苦しい…
すると、見送りにきていたスタッフがそっと何かを差し出す
手元を見ると…
傘が3本
笑顔で『どうぞお使い下さい』
更に、『返さなくて大丈夫です』
更に更に、『もし、返しに来られるなら、またぜひ1杯呑んでいって下さい』と…
これには参りました
『また来ます!絶対に呑みに来ます!!』
3人の心が完全に鷲掴みされた瞬間でした
これの凄いところは、
 【こちらから、傘を貸して欲しいと言った訳ではないのに、お店側から傘をどうぞと言ってきたこと】
では、ありません
もちろん、それもあるのですが、
一番心を打たれたところは
店内に入ってきた3人を見て、傘を持ってない事を認識し、
台風が近付いているから、帰り際には本降りになっているだろうと予測
会計を済ませる前に、既に出口に3本の傘を準備していた
この3点です
全くの一見さんなのに、ここまでの配慮
普段からお客様を大切にしていると感じられますよね
ちょっとした洞察力で
【お客様を顧客に変える事ができる】
食後に最高のデザートを頂けた気分で家路に着きました
近々、また呑みに行こうと思っています・・・て、実は既に日程は決まっていたりしますw

関連記事

ページ上部へ戻る