チーム創りコラム

高校野球に学ぶコミュニケーションの原点

私は夏が終わっても一年中、高校野球ネタでいくタイプです。
毎年、甲子園が終わると速攻で「早く夏が来ないかな」となります。

ところで野球では、先発するピッチャーやリリーフするピッチャーは、 マウンドに立つ前にブルペンでピッチングをします

試合に入る前に肩を温めたり、 今日のボールの軌道や球の走り具合をチェックするためです
その時にボールを受けるのがブルペンキャッチャー
このブルペンキャッチャーにはある技術が要求されるのですがご存知ですか?

その技術とは『パーン』と乾いた大きい良い音を立ててキャッチすることです。

そのキャッチングの乾いた大きな良い音で
『今日は球が走ってるな』
『今日は調子が良さそうだ』
と、 ピッチャーは自信持って気持ちよくマウンドに向かうことが出来るのです


これはコミュニケーションの一つである、 会話でも同じではないでしょうか

会話には、話す人と聴く人がいて成り立ちます。
一生懸命話しているのに、聴いてる人のリアクションが薄いと、
『この話題に興味ないのかな?』
と話ながら不安になり、探り探り話した経験はありませんか?
これが続くと『あぁ、自分に興味がないんだな』 と判断してしまいます

会話を弾ませるには、 ブルペンキャッチャーのように聴く側の技術が必要になります

難しいことではありません。
相手の話をしっかり聴いて、リアクションを返すだけです
これ一つで会話が随分と変わってきます

『話すのが苦手なんだよな』
『コミュニケーションの築き方が分からない』

こんな人は是非、聴き方に力を注いでみて下さい。
聴く力はコミュニケーションの原点だからです。


また、聞く時の相槌や応答には『声』が有効です。声を出すことは、コミュニケーションの基本です。

どんな興味深い話をしても、相手に聞こえなければ話していることにはなりません。テレパシーを使える人以外は、声はコミュニケーションを取る上で、非常に重要な役割を担っています

最近では、人とのコミュニケーションは、
メールやSNS、スタンプ、絵文字などに変わってきているせいか、声をしっかり出せない人が多くなってきています

声の出し方は、学校では教わってきていませんよね
せいぜい音楽の授業くらいでしょうか

声をしっかり出して話すと、相手に安心感を与えますが、
何となく弱々しくぼそぼそと話すと、自信がないのかな?話を聞いていないのかな?と思われていまします

自分では分かりにくいですが、自分の声は思っているほど相手に届いていないことが多いです
しっかりと口を開けて声を出す必要があります

録音した自分の声を聞いて、自分の声が嫌いという人は多いのも事実です。それは、自分がイメージしている声と違うからだと思います。ですが、その声が一生付き合っていく自分の声なのです。自分の声に磨きをかけていけば、相手に一番響くイイ声になっていきます。

今すぐにでも出来ることは、『挨拶』です
家族や友人、仕事仲間などに、しっかりとした声で挨拶すること
毎日一番イイ声で挨拶しようと心掛けて発声すること

この辺りは高校球児のインタビューなどでも見て取れますよね。

意識して声を出すことが、声に磨きをかける秘訣です
自分の一番イイ声をみつけましょう!!

聴く力と声に意識を向けること。
高校野球を見ているといろんなことを学べます。
私はこれからも年がら年中、野球ネタでいこうと思います(笑)

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る