チーム創りコラム

我々は接客のアスリートです

昨年の今頃は、冬の祭典、平昌オリンピックに湧いていた頃です。

フィギュアもジャンプもスピードスケートもメダルが狙える選手が揃っており、その中でも一番注目していたのはカーリングでした。氷上のチェスと言われるほど、緻密な戦略が必要な競技です。選手の活躍により、「そだね〜」「もぐもぐタイム」などの流行語も生まれましたよね。

アスリートは「期待」を背負っている

さて、このオリンピック。
皆さんは、何年に1度行われるかご存知でしょうか?

小学生でも分かる質問でしたね。
4年に1度です。

それでは、4年前、皆さんは何をしていたでしょうか?
なかなかパッと思い出せませんよね。
この4年間、どんな事があったでしょうか?

オリンピックに出場している選手は、たった数分の演技、たった数本のジャンプ、たった1度の滑走の為に、過酷な練習をこなし、コンディションを合わせて挑んでいます。

濃密な4年間を過ごしてきた訳です。
その4年間、モチベーションの維持も大変な事でしょう。
記録が伸びず、満足する演技が出来ず、心が折れかかった事もあるでしょう。
それでも、オリンピックと言う言葉の魔力に捕らわれ乗りきってきたはずです。

自分自身の期待、サポートしてくれる人の期待、応援してくれる人の期待、国民の期待。全てに応える為です。

これだけの期待を背負って競技するって、どんな気分なんでしょうか?
楽しくて仕方ないのか、プレッシャーなのか、ワクワクしているのか。

私たちが背負っている期待

我々、接客業でも、この期待は背負っているハズです

仲間の期待、会社の期待、そしてお客様の期待。その期待に応えるべく、その時の最高の自分で表現していかなければなりません。

今日の接客は、金メダルが貰えそうですか?
毎日毎日、何回も接客する中で、どうしても惰性になってしまったり、100%の自分ではなかったりしていませんか?

1日に接客できる人数は限られています。その限られた接客を全て『金メダル』を貰う意識と覚悟で挑んでみては如何でしょうか?

記録は常に更新され続ける

日本代表選手の活躍により、メダルも冬季オリンピック最高数。平昌オリンピックでは『史上初』や『過去最高』などの言葉を良く耳にしました。これは、今まで誰も成し得なかった事を成し得たって事ですね。

女子スケート初の金メダル、スノボーでの連続4回転、カーリング初のメダル、モーグル男子初のメダル、フィギュア男子の金銀など、歴史を変え常識を打ち破ったわけです。

その勇姿を観て、やれる!!出来る!!行ける!と思えた他のアスリートも多かったのではないでしょうか?

それまでは、やれると思っていても半信半疑な部分があったかもしれないけれど、その常識や固定概念を打ち破った人達がいる。常識や記録はいつかは打ち破られるんですよね。誰がその先頭を切るのか…次の歴史は何だ?次の常識は何だ?と発起した人も多かったはずです。

我々も、そう思える一人でありたいですね。
自分も、お店も、会社も、まだまだ限界ではないはずだからです。

オリンピックを観戦し、感動した、良かったね、で終わらせるのではなく、スポーツ競技から勇気や力をもらい、自分が記録や常識を打ち破る先駆者となる、それとも、先駆者となる人物を育成するなど、次に向けて動き出さなければなりません。

なぜなら、我々も接客のアスリートだからです。
誇りと自信を持って取り組んでいきましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る