チーム創りコラム

自分のことがよくわからない人、それ正解です

「質問と答え」と書かれた看板

自分の長所と短所を挙げろと言われて、一つも挙がらない人を見たことがありません。みんなそれぞれ得手不得手があり、人生の中でそれを自覚する出来事が必ずあります。

しかし、この長所と短所というもの、本質的には、ただの事実を肯定的に捉えるか否定的に捉えるかの違いでしかないことがわかります。

「協調性があってサポートが得意」という長所も、それが不要な場では「自主性がなくリーダーシップに欠ける」短所と扱われますし、「短気」という欠点も見方によっては「すぐに感情が乗るほど何事にも本気」と言えます。

モノは言いようを地で行く質問なのです。
自分が嫌いで短所ばかり思いついても、長所を挙げていることと変わらないと思うと滑稽ですよね。

自己分析に正当性はない

人は、10代後半から20代にかけて、ほとんどの人に「自分のことは自分が一番よく知っている」という自覚が生まれます。
何度かの成功と何度かの挫折を味わい、経験則や統計を固め、ここまでは通用する、ここからは無理、こんな特性がある、と認識するようになるのです。いわゆる自己分析が完了するんですね。

ところで、長所にせよ短気にせよ、挙げられる特性は全て「自覚していること」になります。そしてその自覚は、人に指摘されることで発生します。

(自分は優しい人間だ)と思う人は、人のために動いて感謝された経験が必ずあります。
知らず知らずのうちに行なっていて、人から「優しい」と言われ、自分って優しい人間なんだと思いはじめるパターンや、優しい人間でありたいと動き、人に言われて確信できるパターンなど。

つまり発覚している長所や短所=自分らしさは、(そうであろう)と試した結果その通りだったものか、知らず知らずに他人に見つけてもらったものだけなのです。そしてそれを基準に人の話や物事を捉えるようになります。

そんなもの見当外れも良いところ、まったく意味のないものだと自覚しないままに。

「空白」が人を不安にし、不安が「わかったつもり」を引き起こす

自分を知っていると思いたい理由はきちんとあります。
人の不安の本質は「空白」です。自分を関わるものをわからないままにしておくことを脳は絶対に許しません。空白を埋めるために理由や根拠を探し当てると、「だからこうなんだ!」と納得し安心できるのです。

問題はその理由や根拠。まったく正当性のないものでも、不安を埋めるために必死な脳は受け入れてしまうのです。

わかりやすい例で言えば、血液型性格判断がこれほどまでに浸透したことでしょう。自分がどんな人間か、相手がどんな人なのかという「空白」を脳が嫌がり、血液型という枠にはめ、理解したつもりになって安心します。直接関われば空白は埋まるのですが、パターンが理解できないものに手を出すのは致命的な失敗につながる恐れがある、また、そこまでの労力を惜しんでインスタントな言い訳を作ってしまうんですね。

全然違うのに。

自覚している自分とは「自分が作り上げた枠」でしかない

つまるところ、「自分は知っている」と思うことは驕りと逃げでしかないのです。
逃げが悪いかどうかは置いておいて、とりあえず自分のことは自分が一番よく知っていると言う人は、驕っています。逃げています。

空白に向き合うのが嫌で、わかっていることにして(早く終わらせよう、目を背けよう)、と必死なだけ。しかもそれを本気で正しいと思っているからタチが悪い。

枠の外が怖いので、的確なことを言われたとしても「間違っている、これまでのデータを総合すると自分はこういう人間だ」ともっともらしい決めつけをします。

私自身、これまで周りから「自己分析できてるよね」としょっちゅう言われてきました。実際知ろうとして、いろいろ考えてましたし、的中しているように見えるものもたくさんあったので、自分という枠を知っていました。

案の定、そんなもの意味がありませんでした!
躍起になって埋めた空白はやりたいことまで埋めてしまって、必死に作ったくだらない枠は自分にできないことを見事に増やしてくれました。

枠から出ることで「自分が知らない自分」と出会える

今はその枠の外にいます。
枠はまだ残っていますが、自分が知らない自分が出るわ出るわ、できないと思ってたのに意外とできるわ、居られないと思っていた場所に立っているわ。正直驚いていますが、受け入れてもいます。

調子にのった言い方をすれば、私は、私自身で作った枠なんかより大きい人間だったということです。
できないと思っていたことは、やらなかっただけ。
そして、誰もがそうだなんだと、仕事を通して知りました。

ただ、自分一人の力で気づくことは不可能です。せっかく作った枠の外にわざわざ自分から出る人はいないので、枠の外で自分が通用することに気づく場面が来ないのです。

他人の声を鵜呑みにすることまでおすすめしませんが、仲間の声は素直に受けとる、受け取れなくてもとりあえずやってみる。枠を越える瞬間はそこにあります。

楽をするために枠を作ったのに、枠の外に居る方が、気持ちがめちゃくちゃ楽で、イキイキできるというのは皮肉なものです。

「眠っている自分らしさ」を発見しよう

今、自覚している自分らしさとは、自分で仮説を立てて試したものか、自然に人に見つけてもらったものの集合体であり、まだ誰にも見つかっておらず、自分でも試してみようなんて思いもしなかった「自分らしさ」が全ての人にはまだまだ眠っています。

それに気づかせてくれるのは他人だけ。

今抱えている悩みやモヤモヤは、「すでに自覚している自分らしさ」では通用しないからこそ抱えるハメになっているわけで、まだ眠っている自分らしさはそれを解消するための最強の武器に変わります。

今までの自分らしさだって、見つけてくれたのは他人です。そもそも他人がいなければ「自分らしさ」に意味なんてない。長く生きるほど自分をわかったような気になっていきますが、自分のことは自分が1番知っていると思った人間に、その先はありません。

 

関連記事

コメントは利用できません。

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る