販売店リーダーとしての在り方

  1. 相手に伝わらないのは「一方通行」だからです

    仕事をしていると、そのほとんどが「相手に何かを伝える」場面になるのだなと感じます。  お客様への商談・提案をはじめ、部下への指示、上司への報告、プロジェクトの企画提案…商談やプレゼン、会議やミーティングなどすべてが「伝える&理解する」という双方向のコミュニケーションです。

    続きを読む
  2. 他人の異動を借りて

    全国的に人事異動の時期ですね。「頼れるあの人が居なくなってしまう。代わりにザンネンな人が来る」「嫌いなあいつがやっと居なくなる。新しい人ならやりやすくなるだろう」全国の職場がだいたいこの2つに分かれることになるのではないでしょうか。

    続きを読む
  3. 【教育】なのか【共育】なのか

    そろそろ3月も終わります。来週から新入社員が入ってくる予定の職場も多いことでしょう。育成については様々な考え方がありますが、私はたまに後輩を連れて課外授業をすることがあります。普段の職場とは違い、お互いに私服で外で会うと違った一面、意外な一面が見られるのでいつも楽しみにしています。

    続きを読む
  4. 周りからの評価が気になるときには…

    皆さんは自分自身をどう評価してますか?周りからどう評価されていますか? 仕事をしていると少なからず気になる所ではないでしょうか?会社からの評価、上司からの評価、部下からの評価、お客様からの評価… 数字では表せない部分なので難しい所ではありますが、こんな事を気にしすぎて頭を悩ませていた若い頃を...

    続きを読む
  5. 生き残るために、店舗の差別化やブランディングをしたいなら

    私の育った故郷には、いわゆる”都市銀行”と呼ばれる銀行が街の中心部に一つしかありませんでした。自宅から車で30分。

    続きを読む
  6. 先輩として何ができるのか?答えは過去にある

    コンビニでお弁当を買いました。ついでにビールとチョコレートも。レジのスタッフが、熱々のお弁当の上にチョコレート、横にビールを入れだしました。慌てて止めに入ると不思議そうに、面倒くさそうに見つめる店員。怒りを通り越して、寂しい気持ちに「ちゃんと教えてくれる人がいないんだなぁ」と。

    続きを読む
  7. オリンピックから学ぶチームワーク

    先月、平昌オリンピックが閉幕しました。日本代表選手の活躍に胸を打たれた2週間。メダルも冬季オリンピック最高の13個。その内、アリガは10個をライブで観戦。目一杯堪能しました。オリンピック競技の1つ、女子パシュート。W杯では3戦連続で、世界記録を更新しており、金メダル候補の1つです。

    続きを読む
  8. 手をつかみ合い輪になる仲間

    自分だけでは自分の50%しか引き出せない

    僕は物理主義者ではありませんが、人の心は身近な物理的なものに似ていると感じることが多々あります。日常でも、鉄は熱いうちに打て、覆水盆に返らず、糠に釘などを、物事を表すことわざを使って心の状態を比喩することができます。

    続きを読む
  9. 矢を放つ人

    目標は天敵か獲物か

    目標には2パターンがあります。手段は問わず達成すべきものと、本来の意図に沿って達成しなければ意味のないもの。 手段を問わずに達成しなければならない目標は、追っているのではなく追われているのです。受動的で、守りに入っていて、得るものが少ない。

    続きを読む
  10. 朝焼けの湖畔

    最強のセンス

    僕が美点だと思う人物特性の中でも、これってこの人の才能だよなぁと感じるのが、魅力を見つける力です。人に対してだけでなく、物や景色や情緒にもそれを見出せる能力は販売力にも深く関わっています。

    続きを読む
  11. 野球グラウンド

    答えは過去にある!!

    私は20数年前、高校球児でした。 がむしゃらに白球を追いかけ、甲子園を夢見て、毎日全力でした。そんなわけで毎年、夏の高校野球は楽しみに観戦するのですが、あるとき、はっ!と思い出したことがありました。 私の所属していた野球部では、練習後に部員全員で校歌を歌っていたんです。

    続きを読む
  12. 若葉の入った球体を包んだ両手

    それは本当に「強みを活かそう」としているのか?

    どんな職場にしたいですか?という質問をすると「みんなが楽しく働ける場所」という答えが返ってくることが多いです。楽しみながら働きたいという願望はきっと誰もが持っていますからね。

    続きを読む
  13. マネージャーの札を掲げる女性

    『一方聞いて沙汰するな』

    自慢じゃないのですが、私は日本史にとても疎いんです。学生の頃あまりに勉強をしたくなくて、唯一赤点をとった科目も日本史。

    続きを読む
  14. 考えているリーダー

    リーダーは参謀なのか

     僕はよく間違えます。リーダーには計算力が必要だと。リーダーはチームの誰よりも全体を把握していなければならないと。緻密な計算と塾考で策を立てられなければならないと。うまく立ち回らなければいけないと。

    続きを読む
  15. 駅伝走者の足元

    『リーダー』『チーム創り』のお手本

    毎年楽しみにしている、箱根駅伝大いに盛り上がりました。混戦との予想を覆し、青学が圧倒的な強さで4連覇達成。おめでとうございます 1度勝つだけでも大変なのに、4連覇とは・・・しかも学生スポーツで…学生スポーツでの連覇の難しい所は、選手が毎年入れ替わる(卒業)ところ。

    続きを読む

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る