販売店リーダーとしての在り方

  1. PCのescキーの画像

    チームを敵と見なして反抗する人にリーダーができること

    団体で行動するときに、不貞腐れた態度を取ったり、チームの意に背いた行動をする子供のような人は残念ながら大人になっても一定数存在します。 特に皆がやる気になっているときは、その少数がイライラの原因になり、チームの意欲が排除の方向へ注がれてしまいます。

    続きを読む
  2. 強いお店を作るための絶対条件

    こんばんは!感情派女子、VQです。私たちチームクリエーションはメンバー全員に、【通信事業販売に携わっていた】という共通点があります。

    続きを読む
  3. チームは『ブルートレイン型』か『新幹線型』か

    お店全体で追う数字 それは個人でどうこう出来るレベルではありません 個人の集合体のチームとして追っていかなければ達成出来ませんよね  そのチームを 電車で例えてみると・・・   【ブルートレイン】 チーム 見た目鮮やか小説の舞台にもなってる...

    続きを読む
  4. 『感動の共有』

    5月が終わりましたね 目標達成は出来ましたでしょうか? 店舗での目標は、個人で追いかける数字より当然大きなものとなってきます ここで大事になってくるのは  『共有』ではないでしょうか   知識の共有意識の共有目標の共有  そして...

    続きを読む
  5. 情のある非情さ

    皆さんお疲れ様です。&Uです。   指揮官や管理職者にはいつの時代も、全体を思うが故に個を諦めなければならない苦しみが付いて回ります。    俗に言う冷酷さや非情さです。

    続きを読む
  6. 失敗と成功の線引き

    皆さんお疲れ様です。&Uです。    みなさんは管理者であり、現在抱えている仕事でAとB、2つの成果を追いかけているとします。  どちらも獲得が難しく、他の商材もある中で今追わなければならない2つ。重要度の比率は3:7。

    続きを読む
  7. リーダーを選出する1つの基準

    春の甲子園が始まりました好カードが目白押しですあのプロ注目スラッガーは期待通りの活躍をするのか?新たなニューヒーローが現れるのか?どんな映画よりも、ドラマよりも、小説よりも感情移入し易いのが高校野球一球一打に全力を!!全ての高校球児...

    続きを読む
  8. プロ野球チームの監督の仕事とは?

    先週末に訪れた寒波みなさんの所は大丈夫でしたか?この寒波の影響で【I'm】のギャグがすっかり寒くなってしまいましたが、何か?本日は『担当』のお話販売担当CS担当新規担当営業担当その職場や店舗によっていろいろな担当があると思います...

    続きを読む
  9. チームに有益な人間を判断するには、そこはまだ早い

     みなさんお疲れ様です。&Uです。  みなさんのチームには、向上心の基準ってありますか?  と言うのも、チームには実績や効率、振る舞いなんかの様々な基準があると思うんです。  実績ならノルマという形で、効率なら1接客何分とか。

    続きを読む
  10. 上司から指導される部下

    リーダーよ、時には、鬼になれ

    チームリーダーの心構えみたいなことを常々書いていますが、 私が会社員時代に「神的にスゴいチームリーダーだったか?」というと 結構疑問点が残る部分はあると思います。部下に当たり散らしたこともありましたし、 うまく本音を引き出してあげられなかった部下もいました。

    続きを読む
  11. 指示をされ泣いているビジネスマン

    指示通りに動く仕事ばかりが楽しいわけじゃない

    あなたがチームリーダーであるなら、 今の立場を手に入れるまでに多くの努力を重ねてきたと思います。理不尽な要求も受け入れ、与えられた仕事はすべて「ハイ」。

    続きを読む
  12. ウィニングランをするビジネスマン

    危険を承知で、部下に強烈な達成感を味わわせる方法

    「部下が楽しんで仕事をしているか?」チームリーダーは常にこの観点で物事を考えるのは非常に重要ですが最近どうも部下があまり楽しんでいるように見えない、という時には 【部下のやりたいようにやらせてみる】という手があります。

    続きを読む
  13. 業績グラフの上を滑り落ちるビジネスマン

    実績の個人対抗戦に潜むワナ

    販売店などでは日常的に販売実績の個人対抗戦を行う、という戦略が安易に使われます。

    続きを読む
  14. お宝の鍵を手に入れたビジネスマン

    リーダーの役目は部下のリソースを見つけ、ポジショニングすることです

    適材適所、という言葉があります。 私たちの考えているチーム創りには、 この適材適所の考え方が、なくてはならないものになっています。チームメンバーの好きなことや得意なこと(リソース)を見つけ出しそれを生かす役割を与える(ポジショニング) という考え方がベースにあるからです。

    続きを読む
  15. 若者は宇宙人のようだ

    ゆとり世代、さとり世代の対応に悩むリーダーへ

    ・「教えてもらっていないからできません」・遅刻、早退、欠勤…学生気分が抜けてない!・何かアドバイスすれば「鬱っぽいんです」最近の若者は…と居酒屋で愚痴るのが精いっぱいで、正直どう対処したらいいのか、わからない…と嘆くチームリーダーのみなさん。

    続きを読む

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る