販売店リーダーとしての在り方

  1. ウィニングランをするビジネスマン

    危険を承知で、部下に強烈な達成感を味わわせる方法

    「部下が楽しんで仕事をしているか?」チームリーダーは常にこの観点で物事を考えるのは非常に重要ですが最近どうも部下があまり楽しんでいるように見えない、という時には 【部下のやりたいようにやらせてみる】という手があります。

    続きを読む
  2. 業績グラフの上を滑り落ちるビジネスマン

    実績の個人対抗戦に潜むワナ

    販売店などでは日常的に販売実績の個人対抗戦を行う、という戦略が安易に使われます。

    続きを読む
  3. お宝の鍵を手に入れたビジネスマン

    リーダーの役目は部下のリソースを見つけ、ポジショニングすることです

    適材適所、という言葉があります。 私たちの考えているチーム創りには、 この適材適所の考え方が、なくてはならないものになっています。チームメンバーの好きなことや得意なこと(リソース)を見つけ出しそれを生かす役割を与える(ポジショニング) という考え方がベースにあるからです。

    続きを読む
  4. 若者は宇宙人のようだ

    ゆとり世代、さとり世代の対応に悩むリーダーへ

    ・「教えてもらっていないからできません」・遅刻、早退、欠勤…学生気分が抜けてない!・何かアドバイスすれば「鬱っぽいんです」最近の若者は…と居酒屋で愚痴るのが精いっぱいで、正直どう対処したらいいのか、わからない…と嘆くチームリーダーのみなさん。

    続きを読む
  5. 言い争っている人たち

    相手の目線で物事を考える-ポジションチェンジの使い方

    一対一のコミュニケーションがうまくいかない…私も長い間ずっと悩みながら生きていました。それでも仕事となれば、部下の気持ちを考えて… と、比較的上手くコミュニケーションを取れていたとは思うのですが。

    続きを読む
  6. やる気のある人

    部下の強みがわからないリーダーになっていませんか?

    部下を抱えるチームリーダーのみなさんは、 「部下の弱みや欠点」はすぐ見抜けるのではないでしょうか?反抗精神が大きい、言われたことしかできない、やる気が見えない、打たれ弱い… こういう部分はすぐに見つけられますからね。

    続きを読む
  7. 虫眼鏡で見ているビジネスマン

    目線はもっと上へ-リーダーに求められる「視点の変化」

    特にリーダーになりたての頃に多いのですが「自分の言うことは絶対正しい」「なぜ言うことが聞けない、やれないのだろうか」という感覚に陥りがちです。「人の上に立つ」「人を裁く」という視点で物事を見てしまうんですね。私もそうでした。

    続きを読む
  8. てっぺんを取ったビジネスマン

    どうして強いチーム創りが必要なのか?

    《チーム力の向上》は、このブログ全体のテーマの一つです。部下の強みを生かすマネジメント、自主的に考えるチームを作ることなどなど…こうしてチーム力を高めることができるイケてるチームリーダーになるための参考にしてもらえるよういつも記事を書いています。

    続きを読む
  9. 手をつないだビジネスマン

    コミュニケーションツールを使う【自主的に考えるチーム創り④】

    チーム力向上のための考え方「自主的に考えるチーム」を作る。その要となる、仕組み、ES、モチベーションについてシリーズで考えてきました。今日はその最後の要素「コミュニケーション」です。

    続きを読む
  10. 怒る人と怒られる人

    部下のモチベーションが上がる魔法【自主的に考えるチーム創り③】

    チーム力の高さを決定づける「自主的に考えるチーム創り」をシリーズで記事にしています。部下に考えさせる仕組みをリーダーが作ること、部下の満足から考えさせて、ES向上に尽力すること、前回までにこの2つを取り上げてきました。

    続きを読む
  11. グラフを発表する女性

    現場レベルのES向上【自主的に考えるチーム創り②】

    「チーム力」を高めるために必要な自主的に考えるチームを作るための仕組みを整えること。前回の記事ではそのために「考えさせること」が大きなポイントという話をしました。とはいえ「考える」といっても最初は何を考えたらいいのかすらわからない。

    続きを読む
  12. 組織図

    まずは考えさせる仕組みづくり【自主的に考えるチーム創り①】

    突然ですが、「チーム力」って何でしょう?いろいろ要素はあると思いますが、私はチーム力の要になるものとしてこの4つをいつも考えています。

    続きを読む
  13. 指導する上司と教わる部下

    部下に指示する代わりに「やる」と決めさせましょう

    私の自己紹介を兼ねて、このブログでBefore▶︎Afterのお話をしたことがあります。挫折と劣等感と罪悪感という三重苦だった20代の頃のことを書きました。

    続きを読む
  14. やる気で燃えている人

    為せば成る為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

    私がマネージャーとして組織で働いていた会社員時代から、独立し起業した現在も、ずっと大事にしている「信念」があります。

    続きを読む
  15. 戦っている二人

    数字以外でチームに貢献している実感を持たせるために

    チームクリエーションは、店舗運営サポートとして販売戦略等のアドバイスもしていますが、よくある戦略として日常的に使われている手法として「販売実績の個人対抗戦」を行うことがあります。

    続きを読む

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る