チームの関係性づくり

  1. 現場パフォーマンスを上げる会議

    皆さんお疲れ様です。&Uです。    今日の仙台は桜と青空の対比がとても綺麗でした。  今日は取引先の東北全体の定例研修会に参加してきました。

    続きを読む
  2. 成功体験を手伝う

    皆さんお疲れ様です。&Uです。   土台を作る成功体験の中には、重要なポイントがあります。それらを満たさずに結果に辿り着いても次に取り組む際の過程に対して不安や疑問が残り、とても抵抗なく取り組める状態になるとは言えません。

    続きを読む
  3. チームに有益な人間を判断するには、そこはまだ早い

     みなさんお疲れ様です。&Uです。  みなさんのチームには、向上心の基準ってありますか?  と言うのも、チームには実績や効率、振る舞いなんかの様々な基準があると思うんです。  実績ならノルマという形で、効率なら1接客何分とか。

    続きを読む
  4. 業績グラフの上を滑り落ちるビジネスマン

    実績の個人対抗戦に潜むワナ

    販売店などでは日常的に販売実績の個人対抗戦を行う、という戦略が安易に使われます。

    続きを読む
  5. お宝の鍵を手に入れたビジネスマン

    リーダーの役目は部下のリソースを見つけ、ポジショニングすることです

    適材適所、という言葉があります。 私たちの考えているチーム創りには、 この適材適所の考え方が、なくてはならないものになっています。チームメンバーの好きなことや得意なこと(リソース)を見つけ出しそれを生かす役割を与える(ポジショニング) という考え方がベースにあるからです。

    続きを読む
  6. 高いところから双眼鏡で遠くを見る人

    最終的に何を達成したいのか?《逆算思考》の考え方

    クライアント先のスタッフや管理職の方々に私がいつもお話しすることがあります。それは、「あなたは、どうしたいのですか?」「どうなりたいのですか?」という質問です。ですがほとんどの方が、この質問に明確に答えられません。

    続きを読む
  7. てっぺんを取ったビジネスマン

    どうして強いチーム創りが必要なのか?

    《チーム力の向上》は、このブログ全体のテーマの一つです。部下の強みを生かすマネジメント、自主的に考えるチームを作ることなどなど…こうしてチーム力を高めることができるイケてるチームリーダーになるための参考にしてもらえるよういつも記事を書いています。

    続きを読む
  8. 手をつないだビジネスマン

    コミュニケーションツールを使う【自主的に考えるチーム創り④】

    チーム力向上のための考え方「自主的に考えるチーム」を作る。その要となる、仕組み、ES、モチベーションについてシリーズで考えてきました。今日はその最後の要素「コミュニケーション」です。

    続きを読む
  9. 怒る人と怒られる人

    部下のモチベーションが上がる魔法【自主的に考えるチーム創り③】

    チーム力の高さを決定づける「自主的に考えるチーム創り」をシリーズで記事にしています。部下に考えさせる仕組みをリーダーが作ること、部下の満足から考えさせて、ES向上に尽力すること、前回までにこの2つを取り上げてきました。

    続きを読む
  10. グラフを発表する女性

    現場レベルのES向上【自主的に考えるチーム創り②】

    「チーム力」を高めるために必要な自主的に考えるチームを作るための仕組みを整えること。前回の記事ではそのために「考えさせること」が大きなポイントという話をしました。とはいえ「考える」といっても最初は何を考えたらいいのかすらわからない。

    続きを読む
  11. 組織図

    まずは考えさせる仕組みづくり【自主的に考えるチーム創り①】

    突然ですが、「チーム力」って何でしょう?いろいろ要素はあると思いますが、私はチーム力の要になるものとしてこの4つをいつも考えています。

    続きを読む

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る