販売店の人材育成

  1. 雪山の山頂を登る人

    『この仕事に向いてないと思う』と言われたら?感じたら?

    そろそろ春を予感させる季節です。皆様は何で春の訪れを感じますか?さくらの開花?新人の入社?プロ野球開幕?ヒートテックを着なくなる?ムズムズ鼻?目のかゆみ?笑。春を感じるきっかけとなるものは、人それぞれですね。私はあるセリフを聞くと、あぁ春だなぁと感じます。

    続きを読む
  2. 待っているお客様を眺める店員
  3. 新入社員が来る前に考えるべき「育成者側の心構え」

    年度末の慌ただしさのなか、4月入社の新入社員さんの受け入れ準備は進んでいますか?この時期は自分自身も、新入社員としてのフレッシュな気持ちを持って仕事に臨んだ頃のことを思い出します。見聞きするもの全てが知らないことばかりのあの緊張感や不安。今ではそうそう味わうことのできない貴重な体験です。

    続きを読む
  4. 後輩の成長効率を高める、メンターとしての育成の心構え

    皆さんのチームでは「メンター制度」を取り入れていますか?上司と部下の関係ではなく(もちろん上司が兼任する場合もある)、先輩が後輩のメンターとなり、教育や成長のケアやフォローをするための仕組みです。教育係とか育成担当などと呼ばれることもあるかもしれません。

    続きを読む
  5. ワイングラスが並んだテーブル

    接待のお店選びでわかる「段取り力」の一流と三流の違い

    仕事をしていると、上司や取引先との会食や接待を任される機会があると思います。お店選び、これがなかなか大変です。

    続きを読む
  6. 「質問と答え」と書かれた看板

    自分のことがよくわからない人、それ正解です

    自分の長所と短所を挙げろと言われて、一つも挙がらない人を見たことがありません。みんなそれぞれ得手不得手があり、人生の中でそれを自覚する出来事が必ずあります。しかし、この長所と短所というもの、本質的には、ただの事実を肯定的に捉えるか否定的に捉えるかの違いでしかないことがわかります。

    続きを読む
  7. 電球とそこから派生するアイデアの吹き出し

    売れるのに一番必要なのは『仮説力』です

    訪問販売の営業をしていた頃に先輩スタッフから最も熱心に教わったのは、営業トークやスキル、 テクニックではありません。実は、仕事をする上で何よりも大事だったのは『仮説力』でした。今日は、どうして仮説力が必要だったのか?そして仮説力を高めるのに何が必要かを考えていきます。

    続きを読む
  8. 我々は接客のアスリートです

    昨年の今頃は、冬の祭典、平昌オリンピックに湧いていた頃です。フィギュアもジャンプもスピードスケートもメダルが狙える選手が揃っており、その中でも一番注目していたのはカーリングでした。氷上のチェスと言われるほど、緻密な戦略が必要な競技です。

    続きを読む
  9. 営業や販売スキルがほしいのは何のため?

    営業スキル接客スキルは、これまでの歴史の中でだいぶ確立されてきています。そしてそのほとんどが理論的で、心理学的で、読めばなるほどと思うことばかりです。

    続きを読む
  10. それは無意識に「思考停止」を部下に要求していることになる

    「言われたこと、教えられたことをその通り実践する」育成の第一歩は、日本におけるさまざまな「道」(武道・芸道など)で大切にされてきた「守破離(しゅはり)」という思想で言えば「守」の段階です。師から受けた教えを尊重し守ること。知識や技術を学び、それに忠実にやってみることですね。

    続きを読む
  11. 「本気」をトレーニングする『全力じゃんけん』

    日々が、手抜きをしていると言う訳ではありません。みんな一生懸命に仕事をしていると思います。でもやはり、夏の風物詩である高校野球、そして少し前ならワールドカップ…スポーツを観るとどうしても「本気」とか「全力」というフレーズが頭をよぎります。

    続きを読む
  12. 提案や訴求時の最後の一言は「水戸黄門の法則」で考えよう

    販売店でお客様への提案や訴求をしている時。気になるのは、やはりお客様の反応ですよね。契約するのか?検討になるのか?お断りされるのか?一通り提案が終わったあとの少しの沈黙・・・慣れないうちは、その数秒が何分にも何十分にも感じることでしょう。

    続きを読む
  13. 相手に伝わる「褒め方、褒め手法」

    「相手が一番喜ぶ伝え方」「相手が最も嬉しいと感じる伝え方」などから、褒めることや承認をすることの効能について考える機会も多いですが、いや、ホント。誰だって褒められたいです。自分が受け入れられている、認められていると感じられる中で仕事をするのが一番パフォーマンスが上がるのではないでしょうか。

    続きを読む
  14. 相手に正しく伝わるふさわしい「褒め表現」

    20代の頃、営業時代の上司はよく「いやぁ…やっぱりやってくれると思ってたよ。ホント助かった、ありがとう」と言ってくれました。私はこの言葉を聞きたくて、仕事を先読みし、実績を上げ、周囲の助けになりたいと思って働いていたような気がします。

    続きを読む

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る