販売店の人材育成

  1. 部下のパフォーマンスを上げるのは自分基準ではなく相手基準で考える

    人を動かすということは奥が深いですね。 なぜかって、周りにいるのは自分と違う人ばかりだから。いや、当たり前のことです。自分と同じ人がいるわけないし、周りにいる人がみな自分と似たような価値観や考えを持っているわけでもなく。

    続きを読む
  2. 成長を止めてしまう思考

    昨日の自分より少しでも成長する為に、1cmでも1mmでも前進する為に、3D思考からの脱却をしないといけません。

    続きを読む
  3. 任せて終わりは無能の始まり

    人間関係をリセットするために、ケータイの番号を変えたり、電話帳を全消去したり、SNSのアカウントを作り直すって人、結構いるんですね。さておき、本日はスマートフォンのデータを整理して、懐かしい写真を眺めたり、普段は読まずに開封だけしている会員メールをまじまじと見たりしていたわけです。

    続きを読む
  4. 成長を促す特効薬『損をして得を取れ』

    皆さんはもうお気付きでしょうか?私は気付いてしまいました。もう既に…4月になったと言う事を…新年度になっても相変わらずのキャラでございます。さて。「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよ」と言う言葉は、教育の世界ではよく出てくる言葉の一つです。

    続きを読む
  5. 【教育】なのか【共育】なのか

    そろそろ3月も終わります。来週から新入社員が入ってくる予定の職場も多いことでしょう。育成については様々な考え方がありますが、私はたまに後輩を連れて課外授業をすることがあります。普段の職場とは違い、お互いに私服で外で会うと違った一面、意外な一面が見られるのでいつも楽しみにしています。

    続きを読む
  6. 生き残るために、店舗の差別化やブランディングをしたいなら

    私の育った故郷には、いわゆる”都市銀行”と呼ばれる銀行が街の中心部に一つしかありませんでした。自宅から車で30分。

    続きを読む
  7. お客様が悩むのは誰のせい!?

    サービス業の現場にいれば自然とお客様の波がわかるようになると思います。  定食屋は平日昼どき、居酒屋なら金土の夜、車屋不動産は土日、家電・ケータイは3月…お客様はそれぞれまったく違った生活を送っているにもかかわらず、不思議と行動の時間帯や時期は似通っています。

    続きを読む
  8. 繁忙期だからこそ忘れずにしたいもの

    私のゴルフは、調子が良いと80を切るスコアを出します。でも、今まで調子が良い時が一度も無いので、80を切るスコアは出した事がありません。こんな中身の無い話が大好きです(笑)さて、この時期になると決算や年度末の商戦でどの店舗も忙しくなると思います。

    続きを読む
  9. 先輩として何ができるのか?答えは過去にある

    コンビニでお弁当を買いました。ついでにビールとチョコレートも。レジのスタッフが、熱々のお弁当の上にチョコレート、横にビールを入れだしました。慌てて止めに入ると不思議そうに、面倒くさそうに見つめる店員。怒りを通り越して、寂しい気持ちに「ちゃんと教えてくれる人がいないんだなぁ」と。

    続きを読む
  10. モチベーション維持の為の策の1つ

    以前、なにげにTVを観ていた時、リオオリンピックの水泳日本代表として大活躍した池江選手の特集が流れていました。 大舞台での活躍には私も本当に心踊ったのを思い出します。 池江選手は2016年の1年間になんとなんと18回もの日本記録を樹立したそうです。

    続きを読む
  11. ニコニコマークを指差す人

    お客様対応の定期検診を受けましょう

    仕事が終わった後に居酒屋へ立ち寄りました。入口で対応してくれたのは女性スタッフは私たちを席に誘導するとき『お仕事お疲れ様でした』と笑顔で声を掛けてきました。この女性スタッフは人数確認後に『ふーっ』と息を吐いた私を見逃さなかったのです。

    続きを読む
  12. PCと分析データ

    上手くいっている時の『理由』が大事

    販売業をしていると、ストーカーのように付き纏ってくるのが『数字』や『実績』ですね。お客様に伝わらなくて、なかなか実績に繋がらない時も多々あると思います。プロのアスリートでさえ、結果に繋がらないスランプがあります。何年も何十年も練習してきてでも…です。

    続きを読む
  13. 野球グラウンド

    答えは過去にある!!

    私は20数年前、高校球児でした。 がむしゃらに白球を追いかけ、甲子園を夢見て、毎日全力でした。そんなわけで毎年、夏の高校野球は楽しみに観戦するのですが、あるとき、はっ!と思い出したことがありました。 私の所属していた野球部では、練習後に部員全員で校歌を歌っていたんです。

    続きを読む
  14. 黒板に書かれたプロフェッショナルの文字

    今すぐプロフェショナルになれる2つのこと

    どんな仕事でも初めての時がありますよね? 私も生まれた時から営業や接客業をしていた訳ではありませんし、みなさんも同じだと思います。 右も左も分からないままに、先輩方に教わって一生懸命仕事を覚えた時があったはず。

    続きを読む
  15. プライドという文字を指している女性

    プライドを捨てるのもプライド

    甲子園史上最高の投手だと思っている松坂選手が中日ドラゴンズの入団テストを受けました見事に合格年俸は3億8千万円ダウンの1500万円ここ数年は怪我に泣かされていましたが、過去の実績からすれば格安です  世間からは応援よりもバッシングが多いのも事実高校時代に頂点を極め、プロに...

    続きを読む

最新コラム

コラムアーカイブ

SECURITY ACTION

Twitter

Facebook

ページ上部へ戻る