代表メッセージ

僕は事業を始める前の8年間、通信業界に勤めていました。
店舗型のビジネスで、ありがたいことに一般スタッフから店長、マネージャーへと昇格させてもらいました。ポジションが上がれば当然部下がどんどん増えていきます。社員を育て、目標達成のためにチームをまとめる。人間関係のネガティブ要素を取り除く、背中を押し、時に叱り飛ばし…とマネジメントに取り組む中で、実はずっと抱えていた「謎」がありました。

『なんで人は動かないんだろう?どうしたら人が動くんだろう?』

その後、店長になりたての頃からずっと頭にあったこの謎は、ひとつの至ってシンプルな事実により解明されていきます。僕は人を「動かそうと」していた。そうではなく「動いてもらわないと」いけない。そのために必要なのは「相手をもっと知る」こと。相手をよく理解せず自分の「動いてくれ」という欲求だけを押し付けていたから人は動かないのだ、という現実でした。

独立し事業を営むようになってからもなお、あの頃と変わらない課題に取り組み続けています。「どうしたら人は動いてくれるのだろう」と考え、「動かない理由は何だろう」と考え、「動きやすくなるにはどうすれば良いだろう」と考える。もちろんうまくいかないこともたくさんありますが、相手を知ること、もっと深く理解することは、僕の育成、ひいては事業の根幹の部分です。

僕が抱えていた「謎」はきっと世の中の上司と呼ばれる人たち、そして事業を営む経営者の皆さんも同じではないでしょうか。
そしてこれからの時代、一緒に働く仲間をもっと深く知ることは今まで以上に企業に求められてくるはずです。良い人材を確保することはますます難しく、人材の定着を経営課題として取り組まなければリソースが枯渇してしまう。どんなにデジタル化が進んでもやはり「企業は人なり」だと思うからです。

 

僕は弊社スタッフに「自分たちが一番最高のチームであれ」と伝えています。チームとは、同じ目的の実現を目指す仲間がお互いのパフォーマンスを最大限発揮できるよう力を出し合える関係性だと考えます。そのためにはまずお互いをよく知っていないといけない。お互いが考えを伝え合い、お互いの考えを聴き合う社内コミュニケーションの活性化に取り組み、「どうしたら人は動くんだろう」という謎にこれからも挑み続けます。

チームとは、組織とは、人の集合体です。そこにいる一人一人にアプローチをしなければ集合体を動かすことはできません。
人材育成や社員教育は、チームという関係づくりのため、そして一人でも多くの仲間に、自分のパフォーマンスが発揮できる「長く働きたい会社だ」と感じてもらうために実施する。これは企業に課せられている社会的責任でもあると思っています。

チームづくりを通して
より良い当たり前を創造する

株式会社チームクリエーションはこの理念に基づき、人材育成に関するさまざまなサポートを通してチームづくりを支援し「今までよりもっと良い当たり前」を創り続けることで、人と社会の豊かな未来の実現に貢献してまいります。


株式会社チームクリエーション

代表取締役 大野 哲宜

※代表プロフィールはこちらからご覧ください

ページ上部へ戻る