【個別相談】キャリアカウンセリングルームGlue(グルー)

悩みはある、でも会社の人には話せない…

自分に自信がなくいつも目標を達成できずにいる。管理職になったけれど人を巻き込む仕事のやり方がわからない。先輩のきつい物言いがしんどくなり正直仕事に行きたくない。会社と部下の間に挟まれ思うようにいかない。こうした仕事上の悩みは、評価や評判「どう思われるか」が気になって同じ職場の人に話せないと考えてしまうようです。家族や友人に話してもわかってもらえず、結局ひとりで抱え込んだまま答えを見つけられずにメンタル不調に陥ったり、部下に突然「辞めたい」と言い出されるなど、パフォーマンスが低下しているのをどうにもできずモヤモヤしている方も多いのではないでしょうか。

『第三者の立場から見てもらえるのがいいんですよね』

職場で話すと変な噂になるから、角が立ってしまいそうだから、など仕事の悩みを誰にも話せずにいたある30代管理職の女性は「当初は第三者の方にここまで話していいのかと感じていましたが、今では”第三者だからこそ”本音が話せて考えを整理できるのだと思います」とおっしゃっています。利害関係のない立場で、話したいことを適切に聴いてもらうと、それまで悩んでいたことを解決するための道を「自分の力で」見つけることができます。課題を見つけ、解決できそうだという実感が行動の原動力となり、前向きに仕事に取り組めるようになるのです。

キャリアは生き方や働き方そのもの。転職を考える時だけが相談のタイミングではない

キャリアとは「仕事を通して積み重ねていく経験や能力」のことだけではありません。仕事への取り組み方、仕事の捉え方などそのものがキャリア。そこには生き方まで関わってきます。そう考えると一般的なイメージである「転職や就活の際に活用するキャリア相談」で適職を見つけるだけでなく、自分らしいとはどういうことなのか、自分は何を大切に考えているのか、どこが強みなのか、それをどう活かしていくのかなど自分をしっかり見つめた上で周りの環境との融合を考えていくことこそ、相談し、しっかり整理しなければいけないと思います。

【個人向けサービス】個別キャリアカウンセリング

答えが見つかると、人は動き出すことができます。
お話を聴き、言語化し、気持ちや考えを整理するプロであるカウンセラーが、あなたの「一歩前に進むための行動」をお手伝いします。

【仙台キャリアカウンセリングルーム Glue(グルー)】
担当させていただくのは、キャリアコンサルタント、または心理カウンセラーです。
「どんなことを相談できる?」「何を話せばいいかわからない」などキャリアカウンセリングに関する不安はこちらをご覧いただき、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

ページ上部へ戻る