コラム

  1. 待っているお客様を眺める店員

    【販売員の能力開発】「いつも通りの対応」でお客様を逃していないですか?

    お客の立場でさまざまなお店を利用すると、いろいろなことが見えてきます。

    続きを読む
  2. 【人材育成】新入社員が来る前に考えるべき「育成者側の心構え」

    年度末の慌ただしさのなか、4月入社の新入社員さんの受け入れ準備は進んでいますか?この時期は自分自身も、新入社員としてのフレッシュな気持ちを持って仕事に臨んだ頃のことを思い出します。見聞きするもの全てが知らないことばかりのあの緊張感や不安。今ではそうそう味わうことのできない貴重な体験です。

    続きを読む
  3. 画面にブランドと書かれたパソコン

    いいお店創りは「ブランド化プロジェクト」で決まる

    採用をしても育つ前に離職してしまう、優秀な人ほど辞めていってしまう。仕事に意欲が見られず不平不満が多い、「やりがいがない」「つまらない」といったセリフを耳にする。以前よりもお客様が減ってきたような気がする、接客対応が雑でクレームをいただくことが多い。そして…業績が上がらない。

    続きを読む
  4. 【人材育成】後輩の成長効率を高める、メンターとしての心構え

    皆さんのチームでは「メンター制度」を取り入れていますか?上司と部下の関係ではなく(もちろん上司が兼任する場合もある)、先輩が後輩のメンターとなり、教育や成長のケアやフォローをするための仕組みです。教育係とか育成担当などと呼ばれることもあるかもしれません。

    続きを読む
  5. ワイングラスが並んだテーブル

    接待のお店選びでわかる「段取り力」の一流と三流の違い

    仕事をしていると、上司や取引先との会食や接待を任される機会があると思います。お店選び、これがなかなか大変です。

    続きを読む
  6. 電球とそこから派生するアイデアの吹き出し

    【販売業の人材育成】売れるのに一番必要なのは『仮説力』です

    訪問販売の営業をしていた頃に先輩スタッフから最も熱心に教わったのは、営業トークやスキル、 テクニックではありません。実は、仕事をする上で何よりも大事だったのは『仮説力』でした。今日は、どうして仮説力が必要だったのか?そして仮説力を高めるのに何が必要かを考えていきます。

    続きを読む
  7. 怒りと焦りの表情をしたブロック

    【自己分析】自分って『許せない人』?!100のチェックリスト

    窮屈な思いを抱えている人がいます。上司を、部下を、家族を、パートナーを見ていると『イライラしてしょうがない』そうやって人を見てイライラし続ける自分にさえだんだんイライラしてくる。

    続きを読む
  8. コミュニケーション力UP!信頼泥棒で『伝える』工夫

    「何回も言ってるのに…」「それ昨日も言ったのに…」何で分かってくれないの?何で理解してくれないの?何で動かないの?こんな思いをした事はないでしょうか?「言った」=「伝わる」ではない『言った』のに、自分の思いや言葉が相手になかなか通じなかったり、理解されなかったり、...

    続きを読む
  9. 【販売業の人材育成】我々は接客のアスリートです

    昨年の今頃は、冬の祭典、平昌オリンピックに湧いていた頃です。フィギュアもジャンプもスピードスケートもメダルが狙える選手が揃っており、その中でも一番注目していたのはカーリングでした。氷上のチェスと言われるほど、緻密な戦略が必要な競技です。

    続きを読む
  10. 【チームビルディング】高校野球に学ぶチーム創りの本質

    私は夏が終わっても一年中、高校野球ネタでいくタイプです。毎年、甲子園が終わると速攻で「早く夏が来ないかな」となります。自分が高校球児だったこともありますが、野球からはたくさんの「チーム創りの原点」を教わったのです。

    続きを読む
  11. 【販売業の能力開発】営業や販売スキルがほしいのは何のため?

    営業スキル接客スキルは、これまでの歴史の中でだいぶ確立されてきています。そしてそのほとんどが理論的で、心理学的で、読めばなるほどと思うことばかりです。

    続きを読む
  12. 人間観察はリーダーの仕事

    Q.あなたの趣味はなんですか?スポーツ読書楽器ゲームアイドルこの質問に対する無難な回答は数多くあり、その中でも比較的多数派かつ微量な特殊性を含ませるような「人間観察」という答えがあります。逸脱していないけど、普通の人とは少し違う存在で居たいという下心の見え透いたアンサー。

    続きを読む
  13. それは無意識に「思考停止」を部下に要求していることになる

    「言われたこと、教えられたことをその通り実践する」育成の第一歩は、日本におけるさまざまな「道」(武道・芸道など)で大切にされてきた「守破離(しゅはり)」という思想で言えば「守」の段階です。師から受けた教えを尊重し守ること。知識や技術を学び、それに忠実にやってみることですね。

    続きを読む
  14. 【販売業の能力開発】相手の喜ぶことがわかるようになるための習慣

    東京ディズニーランドには年に一度、閉園後の園を貸し切ってキャストがゲスト(お客様)となり社長も含めた上司陣がおもてなしをする「サンクスデー」と呼ばれるイベントがあるそうです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る