コミュニケーション

  1. ジョブクラフティングの考え方-会社と従業員の「やりたいこと」は合わないから

    近年は、仕事にやりがいを求める人も増え、声を揃えて「やりたいことを仕事にする」ことの重要性にフォーカスが当たるようになりました。職場のマネジメントにおいて「本人のやりたいこと」を叶えられるキャリアビジョンを提供することは、以前にも増して必要不可欠です。

    続きを読む
  2. 人間関係って疲れる…感情コントロールの考え方と職場での「ありえない」の対処法

    相手の話を聞いても「う〜ん、そうなのかなぁ?」とハラオチできなかった。先輩、上司、あるいは部下の言っていることに対して「は?何を言っているの?」と全然理解できない。こうした経験はきっと誰にでもあると思います。状況によっては「毎日そんな感じですよ…」と嘆いている方もおられるかもしれません。

    続きを読む
  3. ニコニコマークを指差す人

    部下への接し方Tips「言葉以外のコミュニケーション」に気を配る

    皆さんは部下を育てる際、「何を使って」育成をしていますか?会社や部署ごとに存在する育成マニュアルかもしれませんし、業務を「やってみせる」方法かもしれません。他にもe-learningなどのシステムや外部研修、OJTなどもありますが、そのすべてには【言葉】が存在していますね。

    続きを読む
  4. 【1on1】部下との正しい面談のやり方。グチ聞きやお説教で終わらないために

    部下のやる気をあげたい、チームをひとつにまとめたい。上司の皆さんは毎日マネジメントに奮闘されていると思いますが、どんなアプローチも「これ」といった瞬発的で劇的な変化を生むことはまずありません。一朝一夕で変われると信じたいところですが、「これさえ知れば、やれば、変えられる」なんていうのは幻に近い。

    続きを読む
  5. 石橋を叩きすぎて壊しちゃう人の強みを活かす方法

    「今日はどうして遅刻したの?」「はい、今日も事故渋滞のせいで…今月に入ってもう3回目ですよ、事故。ホント嫌になっちゃいます!!」「そう、巻き込まれなくてよかった。今日みたいな雨の日は事故も起きやすいからね。

    続きを読む
  6. 「やりたくない仕事はやらない」への対処事例

    最近の若い者は仕事を選り好みして、やりたくないことから逃げている…こうした嘆きは実はどの時代にもありました。

    続きを読む
  7. 「他者に関心がない」の裏側に隠れた背景を知ればうまくいく

    なぜか会話が成り立たない。いや、会話をしようとしても何を話したら、聞いたらいいかわからない。お客様と、あるいは同僚や上司と、友人や家族とでさえこんな風に感じる人は多いようです。

    続きを読む
  8. デキる上司ほど腹の底は見えなかったりしますよね

    『細部まで気を配れるし視野もわりと広めだと思う。多少体調が悪くたって仕事は休めないのが当たり前。

    続きを読む
  9. 話す人と聞いている人

    ヒアリング力を高めるゲーム

    『ヒアリング』お客様の潜在ニーズや顕在ニーズを引き出す為にとても大事なことです。また、社内のコミュニケーションや関係性にも深く関わってくるはずですね。このヒヤリング力を高める為に、朝礼でちょっとしたゲームを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

    続きを読む
  10. フィードバックや会議の場で上手に自己主張できる人になろう

    人に何かを伝える際に、ちょっとした葛藤を抱えることがあります。「言いすぎちゃったかな」「なんか反応が冷たいな」「間違っていることを言ったかな」など。

    続きを読む
  11. 上司の悩み「思い通りに動かない部下」その要因は環境にあるのかも!?

    部下が思い通りに動かないんですよ・・・きっと悩んでいる上司がいたら、きっと一番多い悩みだと思います。そりゃそうですよね?部下が思い通りに動けば、きっと思い通りの結果になると思いますもんね。他にも「チームがまとまらない」「思うように育たない」などの悩みは上司のテッパン。

    続きを読む
ページ上部へ戻る